指原莉乃「やった仕事で一番恥ずかしい」真夜中の渋谷で

アイドル 公開日:2017/07/03 42
この記事を
クリップ
}/

指原莉乃とリリー・フランキーが真夜中にオール深夜ロケを敢行するロードムービー的ドキュメンタリー・バラエティー「真夜中」(フジテレビ系)。





7月2日放送では、クラブカルチャーを指原が体験すべく高木完と遭遇。急遽、指原もラップをすることに。「人生でやった仕事で一番恥ずかしい」と言いながらもしっかりとラップをこなす才能を見せる。全くラップできない指原が、本物のプロの高木完とラップをすることが恥ずかしかったようだ。

いままでアイドルの曲しか聞いていない、洋楽は一切聞いていないという指原。実はゲストのFPMこと田中氏も高木氏も「恋するフォーチュンクッキー」や「ヘビーローテーション」のファンであり、自分でリミックスを作っていたと話す。

そして実際にクラブへ潜入する際に、もう一人ゲストが登場、なんと川辺ヒロシまで参加。日本のクラブシーンを支える重鎮が勢揃いした。実際にクラブでの醍醐味である巨大スピーカーを実際に体験。営業中のクラブにも潜入し初体験することに。

また、ゲストの川辺氏がハロプロの楽曲を手がけていることや、DJは音楽を好きなところから入りアイドル好きからアイドルになった指原もDJの感覚に近いと聞くと徐々にクラブに理解を示し始めた。

この記事の画像一覧

関連タグ