SKE48 プリパラ試写会でアイドルになりたい子にアドバイス

アイドル 公開日:2016/03/08 65
この記事を
クリップ
}/

SKE48のメンバーが、本日、名古屋イオンシネマ大高にて、映画公開を直前に行われた「映画プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」親子試写会に登壇した。

SKE48は主題歌の『チキンLINE』を担当しており、主題歌や映画についての質問に答えた。





●主題歌が決まった感想
北川:チキンLINEはかっこいい曲なので、プリパラはかわいい曲に合うかなと思いましたが、この映画を通してSKEのことももっと知ってもらえたらうれしいです。

古畑:まさかこんなお話がいただけるとは思っていなかったのでびっくりしました。広い世代から愛されるアイドルになれたらいいなと思います。

●チキンLINEについて
後藤:私たちの曲は明るくてさわやかな曲が多いんですが、今回のようなかっこいいダンス曲は珍しいんです。歌詞は自分の言葉で気持ちを伝えるという曲になっています。ぜひ歌詞にも注目して聞いていただきたいです。

●3月1日のひなまつりイベントはどうでしたか
古畑:デヴィ夫人はとても上品な方で、大人の余裕を感じました。楽屋でもその場を和ませていただいて、いつかみんなでまたお会いできたらうれしいなと思います。

●衣装について
菅原:今回の楽曲に合わせて普段のSKE48とは違うかっこいい衣装になっています。いつもと違うSKE48を楽しんでもらえるのかなと思います。

●アイドルになりたい子に向けてメッセージ
北川:私もアイドルになりたかったのでみんなと同じ気持ちですが、一歩踏み出す勇気が大事だと思います。

後藤:私はもともと歌って踊ることが好きだったんですが、始める前は向いていないかなと不安に思うこともありましたが、今はすごく楽しいのでみんなも目標をもって頑張ってほしいです。

古畑:とっても優しい心で回りを見渡せば、アイドルらしい優しい心を持ってもらえたらいいと思います。

菅原:なりたいとおもったら行動に移してお母さんにも話してみてください。かわいい衣装も着れたり楽しいことがたくさんあります。頑張ってください。

●会場のキッズから質問‐アイドルで一番難しいことはなんですか?
菅原:プリパラのアニメをみるとわかると思いますがダンスが難しいです。レッスンを頑張ればその分踊れるようになるし、できると感動します。ぜひ皆さんにも感じてほしいです。

●最後にメッセージ
北川:夢やわくわくがギュッと詰まった映画になっています。楽しんで観てくださいね。

後藤:今回はプリパラの主題歌になってとてもうれしかったです。たくさんのみんなにプリパラのこともSKE48のことも好きになってほしいです。

古畑:たくさんの夢や愛をを感じ取ってもらえたら嬉しいです。

菅原:プリパラをみてアイドルになれるんだって勇気がもらえたらいいなと思います。みなさんといつか同じステージに立てたらと思います。みなさん頑張ってください。

●囲み取材
・舞台挨拶を終えて
北川:スクリーンの前で舞台挨拶をやるのはじめて小さい子がたくさんいて癒されました。笑

後藤:小さい子たちにもSKE48を知ってもらえる機会になってよかったです。今日来てくれた子にもプリパラを観てくれるたくさんの人にも好きになってほしいです。

古畑:ちょっとポップコーンに負け気味でしたが、笑 私たちもポップコーンに負けないくらい魅力的なアイドルになりたいです。

菅原:会場に来ていたたくさんの子たちがアイドルになりたいと思っていて、もっとたくさんの子たちがアイドルになりたいって思えてもらったらいいなと思いました。

・衣装についてポイント
北川:スカートが今まで多かったんですが、パンツスタイルが珍しいので気に入っています。

後藤:わたしはいつもかっこかわいい衣装です。笑

古畑:スニーカーなので、踊りやすいのがポイントです。

菅原:スタイルがよく見えるようになっていると思うので、少しでもよく見えたらうれしいです。笑

■公開情報
映画「プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ」
2016年3月12日(土)より全国ロードショー

(c) T-ARTS / syn Sophia / 映画プリパラ製作委員会

この記事の画像一覧