過酷な挑戦中、NGT48 今村支配人が愛されすぎと話題に

アイドル 公開日:2016/01/04 6
この記事を
クリップ
}/

2016年1月10日(日)に劇場オープンを控えるNGT48。。もっとも新しい48グループとして誕生したNGT48だが、メンバーと共に話題となっているのが、劇場支配人の今村悦朗氏だ。





元々、今村氏は2014年2月27日、「大組閣」によるスタッフ人事異動でSKE48劇場支配人候補生となり、その後、支配人となるが退任し、NGT48劇場支配人に就任。SKE48支配人時代も「えっちゃん」などの愛称でメンバーから愛されてきた。

その今村氏が、新設されるNGT48の成功を祈願して、東京都千代田区秋葉原にあるAKB48劇場から新潟県新潟市のNGT48劇場まで約354kmを、徒歩と自転車で目指すプロジェクト「繋げ! AKB48劇場の魂を! NGT48今村の東京→新潟 日本縦断354km行脚!」をチャレンジ中である。

1959年生まれ56歳の今村氏。記者会見で語ったところによれば、特に自転車競技などの経験も無いようで、この真冬にかなり過酷な挑戦となっている。

その模様は、トークアプリ755の公式アカウントにて毎日、克明に報告されその苛酷さと、幻想的な風景、そして今村氏の元へ駆けつけるファンで溢れている。これから本格始動するNGT48ファン、そして今村氏を未だに慕うSKE48のファンが多数、今村氏を激励するために寒い中駆けつけている。しかも、なぜかSKE48メンバーの写真集や掲載されている雑誌を持参して。正直、NGT48メンバーが過酷なチャレンジをしているのなら、この正月、寒い中でも激励に駆けつけるファンは多いだろう。しかし、現在チャレンジしているのは劇場支配人である今村氏だ。まさに「愛されすぎている劇場支配人」なのが今村氏なのだ。

このチャレンジは一部がNGT48メンバーが初めて配信したニコ生でも中継され、メンバーと今村氏のやり取りには、すでに絆が確認できた。

この今村氏のチャレンジが無事成功し、劇場オープンも無事に終われば2016年、本格的な活動をNGT48が開始する。切磋琢磨している48グループで、どんな個性をメンバー達が発揮してくれるのか?期待だ。

写真(C)AKS

メンバーが一生懸命考えた『胸キュン』なセリフが聴けるのはココだけ!!

この記事の画像一覧

関連タグ