スパガ「清く正しく100%笑顔」の灼熱ライブが圧巻

アイドル 公開日:2015/08/02 32
この記事を
クリップ
}/

Tokyo Idol Festival2015もそろそろ終わりを迎えようとする18時20分頃。日が暮れはじめたメインステージとなるHOT STAGEの大トリ前という重要な役を担ったのはSUPER☆GiRLS!!


「宣誓!私たちSUPER☆GiRLSは、清く正しく100%笑顔で、Tokyo Idol Festivalでも、アイドルの花道を突き進むことを誓います!」と前島亜美によるお馴染の前口上が響き『花道!!ア~ンビシャス』でスタート。勢いよく盛り上がる会場、それでも志村理佳は「まだまだ!いくよー!!」と集まったファンを焚きつける。




田中美麗が「みなさん、イッちゃっていいですか!?」とフロアに問いかける。ここから話題のニューシングル『イッチャって♪ ヤッチャって♪』がスタート。トコトン明るくアッパーなサウンドでところかまわず笑顔にしていく。一方でブリッジでの渡邉幸愛と宮﨑理奈、前島と溝手るかが美麗なハーモニーを聞かせる。押し引きを心得た盛り上げと魅せ方の両方をうまく見せきれる技術はさすが。

続くはファンシーな『胸キュンLove Song』でしっとりとした空気に。しかし、『胸キュン~』が終わるとすかさず、宮﨑の「まだまだいけますよね!?」の煽りから、必殺曲『MAX!乙女心』を打ち込む。先ほどの落ち着いた雰囲気から一転、場内の空気は一気にお祭り状態に。

しかし、これでも足らない!とばかりに『がんばって 青春』、『常夏ハイタッチ』、『アッハッハ!〜超絶爆笑音頭〜』をメドレーで披露!もはや、見る側の体力を全て燃やそうとばかりに、キラーナンバーを畳みかけてくる。間髪入れず、ラストナンバーもアッパーな『ギラギラRevolution』でものすごい盛り上がりを生み出す。

時間にしておよそ27分。フロア、ステージ共にジャンプが止むことがないままSUPER☆GiRLSの2015年のTIFは幕を閉じた。日が落ち、涼しくなってきたお台場は、再び炎天下の熱気を帯び始めた。

☆スーパー☆ガールズその他の写真はクリック
SUPER☆GiRLSの楽曲はクリック!