カンパイガールズ デビュー曲PV撮影!非公開の球場内部も

アイドル 公開日:2015/07/16 11
この記事を
クリップ
}/

球界初の売り子アイドルとして5月12日にデビューしたマリーンズ カンパイガールズが、デビュー曲『カンパイ娘』のプロモーションビデオ撮影を行った。


もちろん撮影場所は彼女たちの“ホームグランド”でもあるQVCマリンフィールドで行われ、撮影は朝8時から始まり、東京湾の日没シーン撮影まで約12時間行われた。



デビュー曲『カンパイ娘』は、全国のビール売り子さんが共感しそうな“売り子あるある”を盛り込んだ歌詞になっており、撮影では普段なかなか露出が少ないQVCマリンフィールドのブルペンやベンチ裏廊下など、マニアにはたまらないロケーションでも撮影された。

また、7/28(火)QVCマリンフィールドで行われる埼玉西武ライオンズ戦は、ビール売り子、そしてお客さんが待ちに待った、年に一度のビッグイベント「ビール半額DAY」で、この記念すべき日にデビュー曲『カンパイ娘』を配信スタートさせる。

マリーンズ カンパイガールズ リーダーの今井さやかは「この記念すべきビール半額DAYで、私がもつ590杯の記録を更新し、マリーンズ カンパイガールズでも2000杯を目標に頑張りたいです!」と意気込みを語っている。

8月30日までに、30,000杯のビールを売って写真集を発売できるか?引き続き気になるところではあるが、7/28(火)が彼女たちにとって熱い1日になることは間違いない。


この記事の画像一覧