乃木坂46ドラマがヤバい!「スポ根って何ですか?」

アイドル 公開日:2015/07/03 12
この記事を
クリップ
}/

乃木坂46のメンバーが総出演する連続ドラマ「初森ベマーズ」。以前、AKB48が「マジすか学園」に出演していた枠を、今度は公式ライバルグループがジャックする。


ストーリーは、ソフトボールの素人集団「初森ベマーズ」が強豪チーム「ポラリス学園」に挑むというもの。だが、その“味つけ”がすごい。なんと乃木坂46がスポ根にチャレンジするのだ!



メンバーのなかには、「スポ根って何ですか?」というコもいた。世代的に間に合っていないので仕方ないが、とにかくお嬢様イメージのあるアイドルグループが汗と涙の青春スポ根ドラマに挑むのだ。しかも、魔球まで飛び出すというからただごとではない。

主人公を演じるのは、ベマーズの西野七瀬。ライバル校のキャプテンがソフトボール経験者の白石麻衣だ。なぜベマーズなのかというと、映画「がんばれ!ベアーズ」にあやかり、「初森ベアーズ」とユニホームを注文しようとしたら、間違えられて「ベマーズ」になってしまった―というトホホなエピソードからきている。

そこで「FLASHスペシャル グラビアBEST初夏号 2015年 6/26 号」は、初めてグラウンドで練習するシーンの撮影に密着。ピンクのユニホーム姿を披露したベマーズは、初心者ばかりではあるが、意外にもバッティングフォームはしっかりしている。生田絵梨花は空いている時間、コーチに“自主練”を申し込んでいた。

「撮影に入る前、何度か練習させていただいてから、本番に臨みました。意外とサマになっていると思いません?」(松村沙友理)さあ、この夏、乃木坂46が新たな勝負に出る。ファンならこの対決の行方を見守るしかない!

西野七瀬のインタビュー、全員のユニフォーム姿は「FLASHスペシャル グラビアBEST初夏号 2015年 6/26 号」で!
【AKBグループその他の記事はクリック】Amazonですぐに買う!


この記事の画像一覧