アプガ×ポッシボーLIVE大盛況!元ハロプロエッグで「中野サンプラザを満員」に!

アイドル 公開日:2013/10/08 7
この記事を
クリップ
}/

今年10月15日に閉館となる横浜BLITZ。




この地に対して一際想いを込める2組のグループがいる。アップアップガールズ(仮)、そしてTHEポッシボーだ。この場所は彼女たちがハロプロエッグ発表会の時から立ち続けてきた会場なのでである。そして彼女たちにとって最初で最後の横浜BLITZでの2マンライブ「聖地横浜BLITZ」が10月7日(月)に行われた。

オープニングは、ナイスガールトレイニーが務め、THEポッシボーの登場。青のロングドレスに身にまとった5人が現れると、『りぼん』『DO ME! DO!』と大人な世界観を展開。しっとりした空気はここまで!とばかりにスカートを脱ぎ捨て『なんじゃこりゃ?!』『恋がダンシン!』と元気いっぱいな曲で飛ばしていく。激しくてもブレないダンス、マイクいらずの力強い歌声はロックバンド並みのライブ本数をこなす彼女たちだからこそ出せる地力だ。一方では自分たちのLIVEの告知もしっかりとし、「ポッシボーを応援してくださいって言っているわけじゃないんですよ!アップアップの次の次でもいいんで!」と岡田ロビン翔子の腰が低いのか強気なのか分からないトークをし、コミカルな面でしっかりと場内を掴むということも忘れない芸達者ぶりで場内を沸かした。

続くアップアップガールズ(仮)は『イチバンガールズ!』でスタート。THEポッシボーが大人の一面で勝負してきたなら、彼女らは常に休むことないアスリートな全力ダンスで真っ向から受けて立つ。続く『リスペクトーキョー』では歌詞を「横ブリナウ!」と変えて聖地に賛辞を捧げる。MCでは仙石みなみも「大切なこの日を、ここに切り刻む!」と自分たちを育てた場所への感謝をしっかり述べた。しかし、その温かい空気を切り裂くように関根梓が「同じオレンジ色のはしもん(橋本愛奈)には負けない!」と、森咲樹が「ポッシの時以上に声出して!」とあくまで対決姿勢は崩さない、いつものアプガらしさをステージ上から放った。「アプガは今日、ポッシボーに勝ちに来たので手加減なしで最後まで突っ走っていくので皆さんついてきてください!」との宣戦布告をし、超攻撃的EDMな『SAMURAI GIRLS』へまだアイドル戦国時代は終わっていない!と高らかに歌い上げ場内を盛り上げた。『UPPER ROCK』ではまさしくフロアが揺れるまで激しく踊る7人。ラストは横浜BLITZから始まった彼女たちの歴史と、その先を見据えて上に向かっていこうという熱いメッセージを託した『あの坂の上まで、』で感動的に終えた。




ファンのアンコールの声援に導かれ出演者全員で再度登場。ここから特別コラボとして互いの曲を12人で歌うことに。THEポッシボーの『全力バンザーイ!My Glory!』では歌う【歌割】をじゃんけんで選ぶなど12人から思わず笑みがこぼれる。続くはアップアップガールズ(仮)の『アッパーカット!』。いつもは森咲樹が勝者を決める定番のシーンがあるのだが、今回は決めきれず「みんな最高!」と叫ぶ。そんな中、背後を駆け抜ける青い影……。なんと、ラストにスペシャルゲストとして同じく元ハロプロエッグの盟友・吉川友が参上!「ハロプロに対抗するグループ作ろうよ!」と吉川友が語れば、岡田ロビン翔子は「中野サンプラザでライブやろう!」と叫び、新井愛瞳は「中野サンプラザを満員にして、ハロープロジェクトに倍返しだ!」と血気盛んな発言を炸裂させ、場内を笑いと興奮の渦で巻いた。この特別な日を締めるのはエッグ時代、いつも最後に歌ってきた記念すべき曲『青空がいつまでも続くような未来であれ!』の多幸感の塊のような空気で特別な1日を終えた。最後は13人全員が口々に「横浜BLITZ、ありがとう!」との叫び声をあげた。

横浜BLITZに立つことはもうできない。けれども、最後に聖地で完全燃焼を果たしたのだ。それ以上の言葉はないだろう。

【その他の写真は以下をクリック!】
・THE ポッシボーセクシーな衣装で!
・アップアップガールズ(仮)ファンと一体に!
・『SAMURAI GIRLS』で盛り上がる!
・全員集合で大熱唱!
・吉川友も合わせて総勢、13名でトークを!
・ライブを見る前に予習復習!アプガの楽曲今すぐ聞くならドワンゴ!

【THE ポッシボー】
1.りぼん
2.DO ME! DO!
3.なんじゃこりゃ?!
4.乙女!Be Ambitious!
5.恋がダンシン!
6.さぁ来い!ハピネス!
7.勇気スーパーボール!
8.永遠ファイヤーボール
【アップアップガールズ(仮)】
1.イチバンガールズ!
2.リスペクトーキョー
3.SAMURAI GIRLS
4.Burn the fire!!
5.アップアップタイフーン
6.UPPER ROCK
7.チョッパー☆チョッパー
8.あの坂の上まで、【アンコール】
1.全力バンザーイ! My Glory!
2.アッパーカット!
3.青空がいつまでも続くような未来であれ!

この記事の画像一覧