伊藤しずな、Gカップ露わな “T字競泳” にチャレンジ「流行ったらいいな」

グラビア 公開日:2023/01/23 2
この記事を
クリップ

SNSでスカウトされ、2021年グラビアデビュー。色白でむちむちっとしたB92cm-W63-H96という、けしからん大きめヒップにボリューミーなGカップも魅力にあふれているが「声を聴いてみたいグラドルNo.1」との異名を持つ、かわいらしい声も外せない伊藤しずな。前作の2ndDVDでは、ナイスな“しずなボディ”を惜しみなく見せてくれたが、1年半ぶりの新作となる『寝取りたガール』(ラインコミュニケーションズ)では、より過激にセクシーに変貌し、ファンをドギマギさせている。そんな伊藤がソフマップでのリリースイベント前に囲み取材に応じた。


撮影会で着るという、グレーブルーのビキニで登場した伊藤。張りの良さと柔らかみが分かるGカップを揺らせて、「ハートがあったり紐があったり、ちょっと普通っぽくない感じのデザインを選んでみました」と、鬼かわいい声でにっこり。



昨秋に都内のスタジオで撮影された今作は「最後まで見ていただくとわかるんですけど、双子の設定になっておりまして、二役を演じています。見分け方は“妹は口元にほくろがある”なんですが、お姉ちゃんは妹の彼氏を寝取っちゃうし、妹もお姉ちゃんの彼氏を寝取っちゃうけど、お互い知らないって感じですね」と泥沼の恋模様が展開。

プライベートでは寝取ることなど決してない伊藤だが、どんな恋愛が理想か追求してみると、「自分にあまり自信がないので、“大好き大好き”ってかまってくれる人が良いです」と恥ずかしそうに教えてくれた。印象に残ったシーンについては、「前回の家庭教師役だった頃と比べるとかなり内容は攻めておりまして、正直、全部のシーンが個人的に思い入れがあるんですけど、特に初めてやったっていう意味で(印象に)残ってるのは、お風呂のシーンでパンツの中にシャワーヘッドを入れて、“ジョババー”ってなんか漏れてくるって感じで。もうすごいあったかいし、なんか不思議で貴重な体験しました。彼氏の指示じゃなくて自らやるって設定なんですよね」と初めての体験を振り返った。

さらに表紙の写真がジュエリーニップレスに競泳水着と説明してくれたが、「衣装さんが作ってくださったんですが、これでは泳げないけどハイレグ競泳なんです!もうT字ですね。流行ったらいいなと思ってます 笑」とアピールし、前作から登場のニップレスについても「またちょっと印象が違うデザインなので新鮮な感じでやらせていただきました。最初やっぱり恥ずかしいんですけど、私おうちであんまり服着てなくて…その開放感があるって言う意味ではだんだん慣れてきて、スタッフさんがいても家に居る気持ちになっちゃうんです」と吐露した。

ただ絆創膏のニップレスは初めてだったそうで、「恥ずかしかったですね。デザインニップレスと同じじゃんって思われる方いるかもしれないんですけど、個人的には全然違うんですよ。やっぱりアクセサリーを付けてるっていう感じじゃなくて、応急処置みたいなのをされているだけっていう…」と恥ずかしがっているところで、一番恥ずかしいシーンを挙げてもらうと、「夜ベッドのシーンでの紫色の大・変形水着なんですけど、吐息とか喘ぎ声みたいな感じを前作では全然やってなかったのを今作ではすごいやってて。結構ここしっかり頑張ってやってるかなって思ったので、観てほしいです。あと声を普段のトーンより落としてって言われて、おねえさんめというか、低めで出さなきゃみたいなことをすごい意識しながらやってました。でもたまに普段の声も出ちゃってます」と振り返った。


2023年の抱負を聞かれた伊藤は、「去年の11月で2年が経って今年は3年目ですが、まだ紙の写真集を出したことがないので、今年は叶ったらいいなぁっていうのもありますし、あとやっぱり声優もやってみたいので、みんなの前でそういうのを披露する機会とかができたらいいなあって思っております」と目を輝かせた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ

PHOTO おすすめフォト

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント