春名美波、覚悟決めた1st写真集 買って損なし「“見えてる”のではないかと…」

グラビア 公開日:2022/12/03 23
この記事を
クリップ

大きな洋館に住むお嬢様な風貌は、抜けるような白肌だけでなく、おっとりした語り口からも想像できるが、今や「限界エロスの女王」 としてその名を轟かす春名美波


虫も殺さぬ穏やかで清楚な女性であるほど、脳内はイケない妄想でいっぱい。なんてさらなる妄想を掻き立てる春名は、169cmという高身長で、イベントコンパニオンやレースクイーンとしても頭角を表し、B87-W58-H85(cm)の華奢ながらバストはしっかりFカップという男性には堪らないサイズ感で人気に拍車が掛かっている。そんな春名が「2022 年もっともハレンチな写真集」をテーマに、処女作にして最大露出に挑んだ写真集『ハレンチな私』(光文社)のリリースイベントが新宿・ブックファーストで開催された。



薔薇をあしらったゴージャスでかわいいTバックランジェリーで登場した春名。ブラウンの潤んだ瞳と、透けるような白いもち肌は、本当にいつも見惚れてしまうほど美しい。春名にとって初めての写真集は、新人でありながら、O バック、T フロント、シートベルト隠しブラなど、攻めた衣装を見事に着こなしている。


「1年間を掛けて東京、長野、千葉で撮りました。思い出深かったのは、長野撮影のときにスタッフのみなさんとジンギスカンを食べたのがとても美味しくて印象に残っています」と話し、1年前と変わったところについては、「自信を持ってグラビアをやってますって言えるってことですね。FLASHさんにも1回だけじゃなくて何度も載せていただいて、そこから写真集を出させていただいたことが自信に繋がって、今は自己肯定感が上がりました」と笑顔をみせた。


お気に入りの写真に選んだ、網タイツが破けてえっちな見開きのカットについては「けっこうお気に入りの写真はたくさんあるんですけど、これ部屋着なんでインパクトがあるのと、顔もけっこう盛れてるので 笑。あと過激さもあって印象に残りやすいと思って選びました」とにっこり。


『週刊FLASH』では「日本一変態水着が似合う F カップお嬢様」 としてのグラビア掲載が非常に好評というが、そのキャッチコピーについては、「最初けっこう戸惑ってたんですけど、着ていくうちにもっと見てほしいという気になっちゃって“開花”しました」と胸の内を語り、この過激さを両親は知っているのか?との問いには「母も父もインターネットをほとんどやらないのでまだ知らないと思います。知ったら発狂しそう…」と戦々恐々としていた。


ファンに向けて春名は「いつも応援していただいてありがとうございます。今回の写真集は1年掛けて撮った私の集大成の作品となっているので見ていただきたいのと、けっこう「これは見えるんですか?見えないんですか?」って質問をいただくんですが…「見えてる」のではないかと思うので、買って損はないと思います。覚悟を決めて撮った作品なので、私のことを知らない方にも広めてもらえたらうれしいです」とメッセージを贈り、おちゃめな一面もみせた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ

PHOTO おすすめフォト

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント