浅海ゆづき、26歳の色気とハイスペックGカップボディに酔いしれる

グラビア 公開日:2022/12/02 16
この記事を
クリップ

世界5大ミスコン「2020ミス・スプラナショナル」関東大会のファイナリストの肩書を引っ提げ、2021年に衝撃のグラビアデビューを飾った浅海ゆづき。育ちの良さが伺える上品な顔立ちに加え、スタイルがこれまた凄く、165cmという恵まれた身長にスリーサイズは上からB90・W62・H90(cm)という黄金比のハイスペック、バストもGカップとトップグラドルに勝るとも劣らないスタイルでデビューイヤーの昨年からグラビア界を沸かせている。


昨年からリリースラッシュが続いており、10月には磯部優花との共演作『甘いキスの香り』をリリースしたばかり。その興奮冷めやらぬ間に最新DVD『Deep』(エスデジタル)をリリースするなど、浅海の勢いはとどまるところを知らない。



昨年7月に発表した1stDVD『はじめての海』から今作で7枚目(※磯部との共演作も含め)となるが、1年ちょっとで7枚ものDVDを出すこと自体、グラビア業界では異例の出来事だ。しかも出版不況と言われている出版業界においても1st写真集『yuzuki』を発売したばかり。それだけ注目度があり、ファンの支持を集めている証拠でもある。それもそのはず、そのビジュアルが圧巻だ。


清楚な顔立ちに似つかわしくないメリハリの効いたGカップのハイスペックなボディ。着衣姿でも一際目立つのに、水着になるとさらに破壊力が増す。顔も良ければスタイルも良く、おまけに性格も二重丸でファンに対してはサービス精神も旺盛。それに加えて26歳のほとばしる色気も兼ね備えており、すべてにおいてパーフェクトだ。


そんな彼女の最新作だが、全体的に時間がゆっくりと流れる中、ハイスペックなGカップのボディを26歳の大人の色気とともに披露して視聴者を誘惑の世界へと誘う。まずはスーツに胸元を強調した衣装姿で「何ムキになっているの?可愛い♪」と上から目線のコメントも、表情が柔らかくSっ気があるとはどうしても思えない。それはさておき、次は回想シーンか? 制服姿の浅海が登場。現在26歳の彼女だが、年齢なんて関係ない。女子高生に負けないキュートさだ。野外から部屋に戻って「学校サボっちゃったしこれから何するの?」と見ているこちら側を誘惑する浅海。制服を脱がせてめくるめく行為のオンパレードだ。


王道ビーチではチェック柄の三角ビキニを着用しながらはしゃぐシーンも。岩場に隠れたら日焼けオイルを塗られ、極上のボディと悩ましい浅海の表情に思わずドギマギしてしまう。透け感のあるレオタード的なY字型衣装を着用したシーンではストレッチをして身体の柔らかさをアピール。その流れでマッサージへと移る。コスプレは制服だけではない。黒いスーツにミニスカ、白シャツ、さらにはメガネを掛けるなど女教師もしくはセクシーOLをイメージか。最終的に衣装が開けけてイケない行為に興じる浅海の表情が実にエロい。そして怒涛のセクシーなゾーンへ。


昼間のベッドでは自ら身体を触り、ニットにデニムパンツのシーンでは悩ましすぎるアイス舐めを披露。ヌーディーなお風呂のシーンに26歳のほとばしる大人の色気が際立つ野外のシーンはY字形水着で露出も高い。先にも触れたが、今作は全体的にスローな展開。それは意図したものなのか定かでないが、浅海というグラドルにはピッタリの演出で、じっくりと彼女の世界観を味わえる仕上がりだ。


浅海のDVDリリースイベント(写真集『yuzuki』も含む)は、12月11日(日)12時から福家書店 新宿サブナード店で開催の予定。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ

PHOTO おすすめフォト

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント