大塚杏奈、むちふわマシュマロボディ炸裂『ミスFLASH2022』経て成長感じる新DVD

グラビア 公開日:2022/11/24 42
この記事を
クリップ

『ミスFLASH2022』では、笹岡郁未、misshaとともにグランプリを獲得し、本格的にグラビア活動を開始した大塚杏奈。パンダ好きなことから“ぱんちゃん”の愛称で親しまれている。


本格的なミュージカル女優を目指し、主に舞台で活躍、さらに名古屋でダンスのインストラクターをしながらグラビアにも注力。現在29歳と遅咲きではあるが、そのダンスで鍛えたしなやかなボディはB84-W62-H85(cm)のDカップと引き締まっていながら、女性らしいまろやかなマシュマロ曲線美と、ゆるふわ笑顔で癒やし系だ。そんな彼女待望の新DVD『ぱんちゃんとあそぼ』(スパイスビジュアル)が11月30日に発売される。





『ミスFLASH』GPのご褒美DVDとして4月にソロのイメージDVDを出しているが、本格参戦としては初となる今作。「一緒にストレッチしよ♡」と爽やかな笑顔で誘うが、ぱつんぱつんの極小部屋着で下乳見せからいきなり手ブラへと大胆シフト。オレンジのビキニで王道ビーチシーンでは、抜けるような青空と海の碧が、ぱんちゃんの明るさとベストマッチ。小さな貝殻を胸に当て「貝殻ビキニとかできるかなあ」とにっこり。波打ち際や砂遊びで「楽しいね!」と笑顔がキラキラ。あたかも一緒にビーチで遊んでいるような錯覚に、観ている方も笑顔になってしまう。


プールでのシーンではハイネックタイプのハイレグ競泳水着を披露。こちらでも笑顔はじけるぱんちゃんを堪能できる。「恥ずかし!」と照れ隠しするスポーツビキニでは、バトミントンや野球でひと汗かいて、バスタイムへ。いわゆる“湯葉水着”で透け感と濡れ感を楽しみながら彼女のマシュマロボディを堪能したい。今回はV字の大胆な変形水着にも挑戦。ムッチリ感と柔肌を夕陽に染めながら、四つん這いや胸寄せポーズを繰り出し、色っぽい表情が垣間見え、グラドルとしての成長も見てとれる。


朝ベッドでは緑の変形ランジェリーでしっとり。ぽってりした唇を少し開いて、大きな瞳を少し閉じ気味にすると、グッと色気が増す。ノースリワンピからのランジェリーへの展開も、ソフトクリームを無邪気に舐めたり、胸元への視線を感じ、「見てたよ!」と口を尖らす彼女感溢れるシーンだ。『ミスFLASH』の任期もあとわずか。冠がなくともグラビアで独自の世界観を魅せる、大塚杏奈入門編とも言うべき一枚に仕上がった。


大塚のDVDリリースイベントは、12月4日(日)18時から、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館8F で開催の予定。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ