近藤みやび 初カレンダーに感激 お気に入りは清楚なデコ出しカット

グラビア 公開日:2022/11/23 9
この記事を
クリップ

レースクイーン・オブ・ザ・イヤーを史上初の2度受賞(19-20、21-22)するなど、トップレースクイーンとして活躍している近藤みやびが23日、都内で「2023年カレンダー」(トライエックス)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。



自身初となるカレンダーを手にした近藤は「ずっとカレンダーを出したいと言っていたので、念願かなってのカレンダーで嬉しいです!」と声を弾ませ、カレンダーのオファーが来た際の心境を聞かれると「“ついに来たー!”って感じでした(笑)」とにっこり。撮影は沖縄で行ったそうで「私は雨女なので雨を降らせてしまうことが多くて、今日も…。なんですけど、撮影のときは天気が持ってくれたのでよかったです」と胸を撫で下ろした。


また、同カレンダーの仕上がりを尋ねられると「どちらかというと大人っぽい感じですかね。かわいい感じはあまりないんですけど、(ハイレグの)赤いワンピース水着はかわいくて個人的に好きで、足が長く見えるように撮影してもらいました」と紹介し、一番のお気に入りには9・10月の白いランジェリー姿でソファーに横たわっているカットを挙げ「私はいつも派手な感じだったり、強めな感じだったりするんですけど、これは髪を結んでいて、一番清楚な感じで落ち着いていて、おでこを出しているのが自分の中で好きです。男性の方はこういうのが好きかなと思って(笑)」とアピールした。そんな同カレンダーを購入した人には、どこに飾ってほしいかと聞かれた近藤は「トイレの中!(笑)。1番近くで見られるじゃないですか。男性だったら座ったときに見えるところに飾ってほしいです」と提案し、自身はどこに飾りたいか追求されると「(実家暮らしなので)家に飾るのはちょっと恥ずかしいですね…(笑)。自分の部屋に飾ります」と答えた。


2022年はどんな1年だったか尋ねられると「レースクイーンが最後の年でもあるので、いろいろドタバタさせていただいているんですけど、始球式も念願かなってできましたし、カレンダーも念願かなって、夢だったことがかなった年でした。来年はもっと飛躍できるように、それを糧に突き進んでいきたいなと思います」と満足げな表情を浮かべ、具体的にやってみたいことについては「今はレースクイーンを終えてしまう不安が勝っていて、“お仕事くるのかな…”って。やりたいことはたくさんあるんですけど、ファッションモデルのお仕事とかもしたいなと思っているので、そちらも頑張っていきたいです」と意気込んだ。


さらに、プライベートでやってみたいことについては「ゴルフを始めたんですけど100切りをしたいです。今は110くらいなんですけど、全然伸びないんですよね…」と語り、ゴルフを始めたきっかけについては「ゴルフをやろうと思ってゴルフセットを買ったんですけど3年くらい放置していて、(家族に)「これいらないの?」って言われて「いつかやるかもしれないから」ってずっと置いておいたんです。周りにやる子がたくさんいたので、それきっかけで始めたらめっちゃハマりました」と打ち明けた。なお、来年30歳を迎えることが話題に上ると「あまり考えたくないです(笑)。怖いです…」と吐露した。


最後に、今年のクリスマスはどう過ごす予定か聞かれると「今年は土日なんですよね。…どこも行かないです!人がめっちゃいそうなので、家で久しぶりにありきたりのケンタッキーでも買って食べたいと思います(笑)」と笑った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 17件)

関連タグ