「疑惑のE(イイ)軟乳 佐藤夢で覚えてください」関西の癒し系お姉さん聖地降臨

グラビア 公開日:2022/11/21 12
この記事を
クリップ

佐藤夢が、ファーストイメージDVD『夢のナカまで愛にきて。』(スパイスビジュアル)をリリース。ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館で発売記念イベントを開催し、囲み取材に応じた。


関西圏を中心に10年近く芸能活動をしている佐藤。癒し系の性格と顔立ちに、身長158、上からB87-W62-H84(cm)のEカップ軟乳スレンダーボディ、そしてほんわかとした関西弁で武装しグラビア界に復帰した。「芸能界に入ってすぐにグラビア活動をさせてもらって、紙媒体とかに出させてもらいました。その後、一回グラビアを休止してタレント活動として、バラエティ番組の出演や競馬などに出させてもらいました。今回、またグラビアをやりたいと思い、念願が叶いました。また復活してグラビアをやっていきたいなと思っています」と意欲は十分。



それゆえ、出来上がったファーストDVDを手にして「これが私なのかと思って……。夢の中以上に、夢の中にいる気分です」と感無量の表情。コメントの中にタイトルをひっかけてくるあたりに、関西で培ってきた高いトーク力を感じさせた。それもそのハズ「将来は小池栄子さんと橋本マナミさんのように、グラビアの活動をしながら、ちょっと面白いバラエティに出れたりとか、演技もできるようなタレントさんになりたいなと思っています」というように、胸に秘めたる夢は大きいようだ。


セールスポイントはズバリ軟乳。87cmのEカップとのことだが、「実は結構体形が何回か変わっていたりしていて、ファンの人からも「Dカップじゃなかった? Eカップじゃなかったっけ?」と、常に疑惑を持たれているんですよ。ですから”疑惑のE(イイ)軟乳”として覚えて頂けたら嬉しいです」と笑顔でアピールした。


撮影は7月に都内スタジオと千葉の館山で実施。「撮影している時は全然恥ずかしくなかったんですけれど、撮影が終わってから凄く恥ずかしくて。こんだけ自分って大胆になれるんだなと思いました」という彼女に、本作のテーマと見どころを尋ねた。「今まで、10年ぐらい活動をしているんですけれど、あまり彼女という設定のストーリー性を出したことがなくて。本当にこのタイトル通り”夢の中の夢の中”という感じで、彼女と彼氏みたいなものを味わってもらえるような作品になっています。まず朝起きておはようから始まって、お外ににお出かけしようとする彼に対して、まだ家にいたいな、といってイチャイチャする感じのストーリーが沢山あります」というように、内容はかなり王道のよう。


だが、露出はかなり攻めた様子。「一番恥ずかしかったのが、ゴールドの水着で。本当に撮影の時も顔が赤くなるくらい恥ずかしかったです。でもその水着で、お互いにマッサージしているところが特にオススメで、気持ち良がっているけれど、本気で痛がっている場面もあるんですよ。そこが見どころです!お風呂のシーンは最初、神秘的で綺麗な感じで入っていくんですけれど、後からシャワーだったり、一緒に洗いっこをしたりしています。その変わる部分も見てほしいですね」。自己評価で100点の出来栄えと胸を張る。


活動の拠点は関西であるため、なかなか東京には来ないという佐藤。それゆえ「ソフマップのステージに立つのが夢だったんですよ。嬉しいです。どこまで爪痕を残すかなと思って頑張ります」と意気込み、さらに「12月10日が誕生日で、11日に誕生日撮影会があります。もしよかったら大阪の撮影会とオフ会に参加して頂けたら嬉しいです」と都内のファン達にアピールした。


■取材・文:栗原祥光


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 15件)

関連タグ