茜紬うた 至極の曲線美でグラビア本格参戦、競泳水着×ポニーテールで誘惑

グラビア 公開日:2022/11/20 15
この記事を
クリップ

アイドルグループ「スリジエ」のメンバーとして2017年デビュー、今年の8月に同グループを卒業し、グラビアアイドルとして第二章を紬ぎ始めた茜紬うた(あづみうた)。


現在26歳だが、あどけなくて愛くるしいフェイスは現役高校生と言っても違和感がないほど幼く可愛い。157cmと小柄ながら、B86-W56-H84(cm)というみごとなくびれスレンダーボディを装備。バストもDカップで、細いラインに出るところはしっかり出ているメリハリボディとしてグラビア本格参戦を期待されていた。2年前に1stDVDをリリースして以来、間隔は空いたがこのたび待望の2ndDVD『ささやかな欲望』(エアーコントロール)を発売。リリースイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。





この作品のワンシーンがきかっけで“ポニーテールに競泳水着”の取り合わせにハマり、今回もSNSで告知していた初お披露目の黒とシャンパンゴールドの競泳水着にポニーテール姿で登壇、2年ぶりの囲み取材に些か緊張気味だったが、表情豊かなポージングを披露し、すぐに勘が戻ったようす。撮影も緊張して臨んだそうで、「齢を重ねた分、1本めより良いものをというプレッシャーもあって、最初はすごい緊張でしたが、現場のスタッフさんが1本めと同じように優しいし、面白いし、楽しく撮影を終えることができました」とにっこり。内容としては彼女と彼氏温泉旅行みたいな気分で観てくれたらいいかなと思うんですけど、前作に比べるとだいぶ攻めたと思います。そこは26歳の大人の魅力を見せられているかな」と太鼓判。


お気に入りのシーンにはパッケージにもなっている露天風呂でのシーンを挙げ、「脱衣所で浴衣を脱ぐところから始まるのですが、私、脱いでる過程が好きでして、大人のセクシーさもありつつ、若干芸術的みたいな美しさが…ちょっと自分で言うのも恥ずかしいんですけど 笑。あんまり彼女が脱ぐ瞬間ってけっこうレアじゃないですか?違うかな?でも“うた”が彼女でって思って観てくれたらいいかな 笑」と照れまくっていた。さらに競泳水着を着て、スケスケ衣装を上に纏っているシーンについて、「この撮影から競泳水着に目覚めたんですよ!“え!競泳って可愛い♡”って。カラダもラインもキレイに見えるし、ちょっと青春も含まれたセクシーさがあると思いませんか?競泳×ポニーテールって」と力説。


このほどアイドルを卒業して、グラビアアイドルとして活動することに関して、「グラビアが一番楽しくて、グラビアで有名になりたいという気持ちが、アイドル活動よりも強くなってきたんです。色んなグラビアアイドルさんの作品を観させていただいて本当に“美しい”って思います。曲線美って女性しか出せないものだし、20代・30代でしかキープできないものもあるので、若いうちに自分でどんどん磨いて発信していけるのがグラビアの魅力だと思っています。野望は“紙”の写真集を書店にいっぱい並べることです!強化していきたいのはきれいだなと思うくびれと、あと“おしりが大きくていいね”って言ってもらえるので、くびれとおしりの曲線美を磨いていきたいです」と力を込めた。グラビア本格参戦を宣言した茜紬うたから目が離せなくなってきた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ

PHOTO おすすめフォト

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント