紺野栞 高校時代できなかった“青春”をDVDで実現、水着は大胆で“不埒”ざんまい

グラビア 公開日:2022/11/13 12
この記事を
クリップ

癒し系Hカップグラドルの紺野栞が13日、都内でイメージDVD『フラチなHかっぷ』(エアーコントロール)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


紺野にとって17作目のイメージ作品となる本作は、今夏に都内と千葉で撮影され、紺野が演じる高校生がカヌーと恋にかけた3年間が描かれるそうで「DVDを作る際、「どんなストーリーがいい」って聞かれて、高校時代を取り戻したいというテーマで(笑)と言いました。自分は高校時代、部活ばかりしていて青春らしいことは一切してこなかったので、私がいま高校生に戻ったらしたいことを詰め込んでもらいました」と打ち明け、「ストーリーはカヌー部に入っている私を応援してくれる男の子との恋愛模様を描いた作品になります」と説明。



カヌー部設定になった理由を追求されると「私が高校生のときにカヌー部でして、インターハイ3位、国体9位までいったことがあって、それでカヌーのシーンも今回初めて、念願のカヌーシーンを入れてもらいました」と答え、「最初はカメラマンさんや監督さんに「アスリートの顔すぎる」って言われるくらいガチで漕いちゃって(笑)、作品の中では笑顔で漕いでいるとは思うんですけど、カヌーさばきとかはやっていた人のさばき方になっているんじゃないかなと思います」とオススメした。


また、カヌーをやっていた際、学生当時を思い出したそうで「上を目指すストイックな部活だったので、しんどい思い出が蘇りました(笑)」と苦笑し、カヌーのシーンはどんな展開になっているのか尋ねられると「カヌーシーンでは中にビキニを着ていまして、湖のほとりで「部活抜けてきちゃった」みたいな感じで脱ぐシーンがあって、その水着がジャケットにもなっているものなんですけど、Twitterに写真をあげたら万バズして、その写真がきっかけでTwitterのフォロワーが10万人を越えたので、その水着はみなさん好きなのかなと思います」とにっこり。


続けて、紺野は「ワインレッドの水着と、変形下着と、ベージュのワンピースを着ているシーンがあるんですけど、男の子の妄想から入っていく大人っぽいシーンで、DVDの撮影のために(体を)絞って、今まであまりきれいに着られなかった衣装をきれいに着られたかなと思うので、ぜひ見てほしいです」とアピールし、学生らしい衣装のシーンもあるそうで「紫のスケベな変形下着の上に制服を着ていますし、体育館で体操服とブルマを着ているんですけど、その下に白い変形のハイレグ水着を着ています」と紹介した。


さらに、シーブリーズの蓋を交換するという甘酸っぱいシーンがあるそうで「それも高校生時代に恋愛したかったという思いと、そのときに彼と彼女がシーブリーズの蓋を交換することが流行っていて、それをやりたかったっていうので、今回入れてもらいました」と嬉しそうに語り、「本当に部活しかしてなくて、学校の行事とかも部活で行けなかったりしたので、ちょっとは高校生時代を取り戻せたかなと思います」と声を弾ませた。そして、本作ではエクステンションをつけて長髪で撮影したそうで「デビュー当時がロングヘアだったので、私をずっと応援してくださっている方にとっては懐かしさもあり、新鮮さもあるような作品になっているかなと思います。ファンの方にはたまらないかなと思っています」と自信を覗かせた。


なお、今回、約1年3か月ぶりのDVDリリースとなったが、その理由を聞かれると「なんでなんでしょうね(笑)。特には「イヤだ!」とも言っていないんですけど、なぜだか開いてしまった感じでしたね。なので、今回出させていただけてありがたいです」と感謝し、「20本目まであと3本なので、20本を目指して頑張っていきたいと思いますので、ぜひお声がけください」と売り込んだ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ

PHOTO おすすめフォト

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント