木更かのん、学園シチュエーションで“令和の合法ロリ”の真骨頂

グラビア 公開日:2022/11/10 29
この記事を
クリップ

2021年11月リリースの1stDVD『ピュア・スマイル』で衝撃のデビューを飾った木更かのん。以降もグラビア界に強烈なインパクトを残しており、今ではグラビア業界になくてはならない存在となっている。それもそのはず、147cmとミニマムサイズでロリータフェイスに似つかわしくない大胆で過激なシーンを連発。そのギャップにグラビアファンが歓喜し、“令和の合法ロリ”としての地位を不動のものにしている。その彼女が今年で早くも3枚目を数えるグラビアDVD『のんたんと秘密の遊び』(スパイスビジュアル)をリリース。タイトルからもイメージできるように、とびきり過激な内容だ。



1stDVD『ピュア・スマイル』はそれほど過激さがなかったものの、2ndDVD『カノン』からハードグラビアを見せてグラビアファンの視線を一身に集めた木更。続く前作『少女願望』ではさらに過激なシーンを繰り広げ、グラビアファンを興奮させた。幼気な少女の雰囲気ある木更がここまでやるのかと、ファンはもちろん関係者も驚がくしたのは記憶に新しいところだが、そのギャップが彼女の最大のストロングポイントでもある。今やハードグラビアと切っても切れない関係にある木更だが、今作はその傾向がこれまで以上に激しい。


設定は女子高生に始まり、図書館の先生、さらには保健の先生と、どうやら学園を舞台にしたシチュエーションもの。様々なキャラクターを演じ分けながら、ロリータ顔に似つかわしくないえちえち度満載のシーンを披露して男性を興奮の世界へと駆り立ててくれる。冒頭は電車に乗った女子高生に扮して笑顔をカメラに向けた木更。その後は彼氏の部屋か木更の部屋なのか、イヤらしいアイス舐めを披露して男性の妄想を膨らませる。朝ベッドでは露出も激しくローションを塗りながらマッサージタイム。木更のリアルなリアクションに心臓がバクバク状態だ。


静寂な図書室で展開されるシーンも見どころ。メガネを掛けた清楚な先生をイメージした木更だが、図書室でイケない行為を展開し、静寂に包まれた図書室に喜悦の声が響き渡る。同シーンのみならず、今作は木更のアニメ声であんなことやこんなこと、さらには喜悦の声が突出して目立っており、映像だけにとどまらず聴覚的にも楽しむことができる。シーンに戻ろう。図書室ではガラス棒で悪戯される場面も。ガラス棒は彼女にとって初めてのアイテムだ。続いてレオタード姿での飴舐めを挟み、保健室のシーンでは木更のキャラとは正反対のお色気ムンムンで迫りまくる。そして密着感のあるお風呂ではえちえちな行為を、夜ベッドでは積極的なシーンを見せるなど見どころは尽きない。最後は制服のシーンで締めくくる。教室という聖域でイケない行為を繰り広げた木更。ある意味、同シーンが彼女というキャラクターを象徴したベストのシーンだ。


木更のDVDリリースイベントは、11月20日(日)18時から、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館8F で開催の予定。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ

PHOTO おすすめフォト

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント