川瀬もえ デジ写2タイトル同時発売、清楚な顔立ちに神レベルのプロポーションを堪能

グラビア 公開日:2022/11/07 16
この記事を
クリップ

「日本レースクイーン大賞2021」で史上初の二冠を達成した川瀬もえが、11月7日発売の『週刊現代』(2022年11/12号・講談社)のグラビアに登場している。


2022年はレースクイーンユニット「Pacific Fairies」として活躍するほか、サッカーのベルギー1部リーグの「シント=トロイデンVV」の初代イメージガールにも就任し、爽やかな色香を振り撒いている川瀬。



極上のスタイルを誇る彼女が、競泳水着やバニーのコスチュームなどで、かわいさと大人の魅力をぞんぶんに発揮。11月11日には2冊のデジタル写真集『サーキットの極上天使』と『もえ萌え』を同時発売。『サーキットの極上天使』は「もえちゃんとこんな過ごし方をしたい」を具現化。かまるで一緒にいるような感覚になること必至。とくにアップの写真は顔がかわいすぎる。一方 『もえ萌え』では、クールビューティーな魅力を見せ、圧巻の美しいプロポーションが堪能できる。両写真集ともマストアイテムとなっている。今回この2タイトルの厳選カットを公開。



(週刊現代デジタル写真集 書誌情報)

タレント名:川瀬もえ

タイトル:『サーキットの極上天使』 『もえ萌え』

写真:門嶋淳矢

配信日:2022年11月11日(金) ※2冊同時

価格:各1,500円(税込み1,650円)

ページ数:各100ページ

発売:Amazonほかネット書店にて

出版社:講談社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連タグ

PHOTO おすすめフォト

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント