合法ロリ巨乳の新星 高山みれい、149cmなのにG乳のアンバランスは反則級

グラビア 公開日:2022/09/29 12
この記事を
クリップ

SNSにあげた写真が芸能関係者の目に留まり、グラドルとしてデビューしたばかりの高山みれい。彼女が所属するSPJ Entertainmentと言えば、舐めの女王・小柳歩を筆頭に、永遠のロリータ・西永彩奈などグラビア業界を沸かせているグラドルばかりだが、高山はそんな同事務所が推す期待の新人グラドルだ。その彼女が満を持して1stDVD『こっそり見てね』(竹書房)をリリース。うるうるした瞳のアイドルフェイスながらも、大きく育ちすぎたGカップのバストを露わにしており、そのギャップに萌えないグラビアファンはいないだろう。





また一人、新たな逸材がグラビア業界に降臨した。群馬県出身の高山みれい、23歳。149cmのミニマムサイズでアイドルっぽい清楚でピュアな顔立ちも、スリーサイズは上からB88・W58・H83(cm)と理想的なボディで、しかもバストはGカップと悩ましすぎる膨らみを持つ。そんな彼女の記念すべき1stDVD。まずはメイド衣装を着ての登場だ。


「ご主人さま!おはようございます」と優しく語りかける高山。衣装は胸の谷間を全開にしたメイド服で、冒頭からいきなりGカップのバストが躍動する。左の胸には大きなほくろもあり、可愛い顔をしているのに大きすぎるバストは、何とも悩ましい。その後はベッドに移り、四つん這いになって飴舐めを披露。先輩・小柳歩譲りの舌技に興奮だ。カメラ目線で見せた表情が実に色っぽい。洗車のシーンではTシャツにデニムパンツを着用。前屈みになるとGカップの深い谷間にカメラがズームインする。洗車でTシャツが濡れたのか、Tシャツを捲り上げるとGカップのバストが“こんにちは”状態に。車内に場所が移れば、水着姿となって再び舐めシーンのアイス舐めを披露する。チロチロと舐める舐めシーンとバストの膨らみに視線が釘付けだ。


王道ビーチでは、最初にご主人さまから日焼け止めを塗られ、その後にご主人さまとビーチを駆け抜ける。王道ビーチということでカメラに向けた笑顔が眩しく、さらに黄色いビキニから溢れ出そうなGカップも眩しい。続いて運動のシーンにお風呂のシーン。お風呂のシーンでは、狭い空間ということもあってカメラが彼女のGカップボディに肉薄する。同シーンではチューブトップ水着を着用しており、胸の谷間はもちろん、下乳も露わにするなど、Gカップのバストをたっぷりと満喫できるシーンだ。競泳水着を着たシーンも真ん中がガッツリと開いた水着で、バストが飛び出してきそう。そして朝ベッドを挟み、制服のシーンで最後を締めくくる。現在23歳の高山だが、アイドルっぽい清楚でピュアな顔立ちなだけに、制服姿が絶妙にマッチ。同シーンは野外で撮影されたが、人がいない建物の影に隠れて、制服を捲り上げると下着風水着から溢れ出そうなGカップのバストがカメラに映し出されるのだった。


そして場所を室内に移せば、ローションを塗りまくってのセクシータイムがおっ始まる。露出されたGカップはもちろん、カメラに向けた視線が何とも悩ましく、視聴者も戸惑うことだろう。タイトルのように「こっそり見てね♪」と高山の口から出てきそうなシーンだが、こっそりどころか思わずガン見してしまうほど魅力的な映像が映し出される。冒頭でも紹介したが、これだけのロリ顔でGカップというのは反則スレスレだ。久々に登場した“合法ロリ巨乳“の新星で、早くも次回作が待ち遠しい。


高山のDVDリリースイベントは、10月9日(日)18時からソフマップAKIBA パソコン・デジタル館8F で開催の予定。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)

関連タグ