『ミスヤングチャンピオン』準GP 猫宮あすか「だんだん脱いでいくのってセクシー」

グラビア 公開日:2022/09/24 8
この記事を
クリップ

昨年3月に撮影会デビューを果たし、瞬く間に人気となった猫宮あすか。ドール系のかわいいルックスに加え、抜群なスタイルを誇り『第13回ミスヤングチャンピオン2022』で準グランプリを獲得した彼女が、待望のファーストDVD『グラドール』(イーネット・フロンティア)をリリース。発売記念イベントを東京・書泉ブックタワーで開催した。



デビュー作を手にした感想は「グラビアを始めてからDVDってまったく触れてこなかったので、まさか自分が商品になると思っていなかったです。驚きもありますし、まだ現実を帯びていない感じです。今回がファーストということで、よりフレッシュに撮れたと思います。普段は見せないあすかの一面というか、セクシーなところや素の部分も出ています」とコメント。そんなデビュー作は7月に沖縄で撮影。「わたしがお嬢様なんですよ。そこで執事といろんなことが起きます。観てくれる人が執事になった気持ちになれます」と説明。


シーンついては「ジャケットになっているシーンなんですけど、ビーチで白いビキニを着ているシーンがあって、お嬢様の生活に飽きたわたしを執事の提案でビーチに連れ出してくれます。ちょいちょい執事がいろんな提案をしてくれています」と紹介。「ほかのグラドルさんのDVDを拝見したときに、運動とかしているんですよね。わたしも作品の中ではテニスとかフラフープをしているんですけど、テニスはすごく下手くそで、そこは役というより素を出してわちゃわちゃしている感じになっていますので、そこは観てほしいですね」とアピールした。続けてセクシーなシーンも聞いてみると「お部屋でのシーンで、最初は服を着ているんですけど、徐々に脱いでいって、最後はネイビーのランジェリー姿になっています。制服をだんだん脱いでランジェリー姿になるシーンもセクシーですね。自分的に服を着ているんだけど、その服を脱いでいくのってセクシーだと思うので、こういうシーンはエッチだと思います」と勧めた。


デビュー作の撮影にために参考にしたグラドルがいるそうで、「撮影会に出ているとグラドルの仲間も増えてきまして、そういう子たちがわたしより先にDVDを出しているので、それを自分で買ったりしているんですよ。木更かのんちゃんのDVDは買って参考にさせてもらいました。いろんなシーンをイメージしながら撮影しました」と明かし、今後は「コスプレとかやってみたいです。服を脱いでランジェリー姿になるのが好きなので、着てから脱ぐみたいのをやってみたいです。今回はわたしがお嬢様役だったので、その逆でメイドとかに挑戦してみたいです」と目を輝かせた。


これまで撮影会をメインで活動していた猫宮だが、グラビアデビューのキッカケについて問われると「私服の被写体として撮影会を始めたんですよ。次が水着の撮影会になったんですけど、水着になっても抵抗はなかったんです。雑誌とかの表紙を見ていたときにはきれいだと思っていました。表紙に出ている子たちの女性らしさに憧れもあったので、すぐに水着を始めました」と明かし、今後の目標については「今年ミスヤングチャンピオンの準グランプリに選んでいただいて、いろんな媒体に載ったりはしましたけど、まだ猫宮あすかとしてバーンと載っていないので、このDVDをキッカケにもっと載っていけたらと思います」と飛躍を誓った。

  


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ