西永彩奈、39thDVDは“初解禁”目白押し「お風呂制服やりたかったんです」

グラビア 公開日:2022/09/17 10
この記事を
クリップ

究極合法ロリ×ちっぱい横綱の西永彩奈が17日、都内でイメージDVD『イケナイ隠しごと』(ギルド)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


西永にとって39枚目のイメージ作品となる今作は、5月に宮古島で撮影を行ったそうで「沖縄本島には行っていたんですけど、宮古島が約10年ぶりくらいだったので全然覚えてなかったんですが、お酒も飲めるようになってすごく楽しかったです」と声を弾ませ、本作の内容を聞かれると「初めてパパ活に挑戦しました」とにっこり。「待ち合わせをしたら昔の先生で、ちょっと気まずいところからスタートするんですけど、先生がお金をチラつかせてくるから従順に従うという内容です(笑)。最近、オジサン作品が増えていて、前回もだったし、その前もオジサンだったから、これもオジサンになったつもりで見てください(笑)」とアピールした。


具体的にシーンの紹介を求められると「表紙になっているお風呂制服はやりたかったので、できて嬉しかったです。無理やりお風呂で制服のまま濡らされるシーンで、最後は水着になります。表紙は制服なんですが、裏パッケージは大人っぽい衣装の写真が多くて、縛られて氷でイタズラされるシーンがあるんですけど、夏だったからよかったものの本当に冷たくて過酷でした」と苦労を明かし、「平和なんですけど、急におにぎりを作るシーンがあって、私はラップでしかおにぎりを作ったことがないから、手で握るのが本当に難しくて、“お米のかたまり”みたいなものを「美味しい」って言って食べているシーンがあるので、どのくらいの出来なのか、本編で見てください(笑)」とオススメした。


さらに「赤い下着のシーンがあるんですけど、最初は上にワンピースを着ていて、外でも脱いだりしているので、露出狂になった気分でイケナイことをしている気分になりました」と笑顔を見せ、“初解禁”も多かったそうで「ノーパンみたいなシーンですかね。Tシャツにパンツを穿いていて、そのパンツを脱ぐみたいなシーンがあります。あとはセルフで撮っているシーンがあって、スマホで10分くらい1人で撮っているシーンも初めてでしたし、盗撮チックなものもあるし、現金がそのまま出てくるのも初めてでした(笑)。初解禁だらけですね」と紹介した。


この日、日焼け肌で登場した西永は、この夏の思い出を聞かれると「この夏はロケが多くて、奄美大島にも先週に行ったり、地元の岡山に8年ぶりに行ったりしました。岡山でお仕事をしたことがなかったのですが、ボートレースに呼んでいただいて、惨敗だったけど地元の人からはめっちゃウケました」と嬉しそうに語り、「私が遊んでいた岡山駅の周辺は全部潰れてました(笑)。高校3年までは実家が岡山にあったんですけど、今は家族が誰も岡山には住んでいないので、岡山に帰ったのも高3ぶりで懐かしかったです」としみじみと語った。


さらに、タイトルにちなんで“イケナイ隠しごと”はあるか尋ねられた西永は「めっちゃ嬉しいお仕事があって、早く解禁したいんですけど、まだ情報解禁ができないので、それが隠しごとです(笑)」と答え、この日の水着のポイントを聞かれると「事務所の先輩の小柳(歩)さんが最近お誕生日で、小柳さんに水着をいっぱい送ったんですけど、小柳さんに買っていたら私もほしくなって、勝手にお揃いの水着を買いました(笑)。(同じ水着を)昨日、小柳さんがYouTubeで着てくれてました」と嬉しそうに語った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)