『ミスFLASH2023』ファイナリストが所信表明、水着姿で個性アピール

グラビア 公開日:2022/09/17 11
この記事を
クリップ

 「ミスFLASH2023 選考オーディション ファイナリストお披露目記者発表会」が17日、都内で行われ、ファイナリスト15名のうち14名(1名欠席)が出席した。


今年で17年目を迎える光文社が主催・運営するミスコンテスト『ミスFLASH』。未来のトップアイドルを生み出す本誌発のオーディションは、マシェバラや撮影会、SHOWROOM、読者投票などのポイント数が選考のカギを握るサバイバル方式で行われ、ファンと二人三脚で挑むガチンコバトルは、毎年、涙あり感動ありの盛り上がりを見せている。


後列左より:福村萌衣、橘舞鈴川侑奈井上晴菜雪野まどか、山本唯奈、日永はるか
前列左より:宮地蘭来青山泰菜都丸亜華梨阿部美月心愛石川舞華弓川いち華



同会見では自己紹介と9月18日から行われるファイナルステージに向けての所信表明が行われ、チャレンジバトル4位の日永はるかは「隣の家のお姉さんこと日永はるかです。本日は記者のみなさまの隣の家から参りました。今日の朝、ゴミ捨て場であったことは内緒でお願いします」と挨拶して笑いを誘い、「応援してくれた近所のみなさんのおかげでファイナルステージに進むことができました。ファイナルステージ親近感とセクシーを合わせた配信を隣の家からしたいと思います。みんなが応援してくれたら愛の回覧板を届けに行きます」と最後までキャラを貫いた。


同1位の橘舞は「見た目は清楚、中身はジャイアンと呼ばれています。そんな私の特技は柔軟です」とコメントしてY字バランスを披露し、「たくさんのみなさんのおかげでファイナルバトルに行けることになりました。みなさんの応援を裏切らないように最後まで精一杯頑張りますので、応援のほう、よろしくお願いいたします。癒せるように頑張ります」と訴えた。


また、セミファイナル10位の雪野まどかは貝殻ビキニで登場し「滑り込み10位でファイナリストにならせていただきました。普段は社交ダンスのインストラクターをやっております」と自己紹介して得意のポーズを決め、「マシェバラではこの貝殻水着で話題をかっさらわせていただき、みなさまに知っていただきました。青森のみなさん、水着の販売ありがとうございます!」と感謝。


同6位の弓川いち華は「私は長年ライブアイドルをしてきたんですけれども、ミスFLASHでグランプリを取って、これからはグラビアアイドルとして活躍していきたいと思っております」と抱負を語り、「今日はその意気込みを掛け軸に書いてきたのでみてください」と言い“一か八か頑張ります”と自身の名前にかけた意気込みを披露した。


さらに、同3位の都丸亜華梨は「私の趣味はボーリングなんですけど、最高スコアーは52です。運動音痴な私の体はぷにっとしているので、このぷにっとボディがチャームポイントです」とアピールし、「今すごく緊張していて人前に立つと大人しいイメージを持たれるんですけど、審査部門の配信では元気はつらつに配信しているので、配信を見てくださっているファンの方からは“配信弁慶”だとか“殻を破れ”、“猫をかぶるな”と言われています。でも今は猫をかぶります。こんな私を力強く支えてくれて、総合3位という素敵な順位でこの場に立たせていただけていること、本当に感謝しています。ファイナルステージでもみなさんに元気と癒しをお届けできるように頑張っていきます」と力強く語った。


続けて、同2位の心愛はコアラのぬいぐるみを持参に「心愛(こあ)と申します。心からの愛を届けます。下心満載です。配信でもお馴染みになりました私の精神安定剤であり相棒のコアラを持参してきました」と笑顔で語り、「ファーストステージから怒涛の追い上げで総合2位という素晴らしい順位で通過させていただきました。何もなかった私が少し自信がついてきたかなと思います。私がグランプリになり、さらに自信を確信したいなと思います。私らしく全力で駆け抜けるので、応援よろしくお願いします」とコメント。


同1位の阿部美月は「実は保育士資格を持っていて、今日は自分が作ったエプロンシアターというものを持ってきました」と自作のエプロンを披露し、「配信ではファンの方とは友達だったり家族だったりまるで恋人のような親近感のある配信をしています。ファイナルも自分らしく笑顔でほんわか明るく一生懸命頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」と言葉に力を込めた。


同発表会のMCをシャバダバふじが、アシスタントをミス FLASH2022の大塚杏奈が務めた。



<ファイナリスト>

※セミファイナル総合順位

1位:阿部美月

2位:心愛

3位:都丸亜華梨

4位:青山泰菜

5位:石川舞華

6位:弓川いち華

7位:宮地蘭来

8位:井上晴菜

9位:鈴川侑奈

10位:雪野まどか


※チャレンジバトル(敗者復活)総合順位

1位:橘舞

2位:山本唯奈

3位:福村萌衣

4位:日永はるか

5位:鈴木優愛(同会見欠席)

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 49件)