竹内花 自前で“峰不二子になれる下着”用意、一糸まとわぬ姿は「頭真っ白」

グラビア 公開日:2022/09/17 15
この記事を
クリップ

グラビアアイドルの竹内花が17日、都内にて開催された自身の1st写真集『花の蜜』発売記念イベントに出席。写真集のために“峰不二子になれる下着”を自前で用意したことを明かした。



グラビアのみならずアイドルユニットで得意の歌やダンスも披露し活躍していたが、学業優先のため2022年4月にアイドルユニットを卒業。以降、グラビアアイドルとしての活動を本格化し、人懐っこい表情とマシュマロボディで各グラビア誌を賑わせている。


竹内は出来上がった写真集に「本当に私の一冊かなと思うくらい夢のよう」と感激。「ファンのみなさんに早く見てほしい」と喜びを溢れさせた。お気に入りのカットは下着姿でカーテンを掲げている写真。前髪を上げていることがポイントだそうで「清楚系としてやらせてもらっているんですけど...」と理由を説明しようとしながら「自分でいうの恥ずかしい!」と照れた。続けて「前髪が大事だった人なんですけど、前髪がなくて、大人っぽい。清楚でかわいい雰囲気な一枚なので、次のステップに進むのにも、ああいう雰囲気でいけたらいいな」と大人っぽさを出しながら、清楚な強みが生かされているところが気に入っていることを明かした。


撮影に向けては自前の下着も用意したそうで「全部スタイリストさんに用意してもらうのではなく、個人的になにか取り入れたいと思った」と告白。買い物は母親と行ったと話し、「“峰不二子になれる下着”が売ってて。それは買わないとな、と。「私、峰不二子だぞ」とやりたいなと思った」と購入の理由を打ち明ける。“峰不二子になれる下着”は紫色だそうで、「ラーメンを食べています」と説明していた。


また同書では、一糸まとわぬ姿にも初チャレンジ。撮影時の心境を聞かれると「頭真っ白です」と答え、「最初にそういうのを撮ったのが外だったので、人もちょこちょこ通るんですよね。スタッフさんに人気(ひとけ)を見てもらいつつやりました」と振り返っていた。


写真集書影撮影/矢西誠二

発売元/ワニブックス

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 29件)

関連タグ