“メートル級 尻神様” 凛々奏、ロデオマシンで“ぷるんぷるん”揺れるヒップをオススメ

グラビア 公開日:2022/09/13 26
この記事を
クリップ

ソフトボールとボートで鍛え上げた桃尻は103cm。“トップオシリート”との異名を取る、おしり激推しのコスプレイヤー凛々奏(りりかな)。


167cmの高身長に、84cmの美乳、そしてウエストが64cmということで、ヒップとのサイズ差が約40cmと聞けば、そのボリュームを実感していただけるのではないだろうか。長身、美脚、くびれた腰の曲線美は存在感があり、そのラインから張り出す巨桃尻は圧巻。感動級の桃尻国宝で今春デビューした彼女の3rdDVD『尻神様』(ラインコミュニケーションズ)が発売され、リリースイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。




前回の囲み同様、競泳水着で登場。「私にしか似合わなそうな奇抜な色の組み合わせを選びました。ピンクとグリーンで桃カラーですね♡」とにっこり。3枚目にして人間を超越し、神となった彼女の新作DVDは、「いかがわしい副業をしているのがバレたOLが、上司にエロい目に遭うという話です」と、昂奮シチュエーションであることをアピール。「黒いエナメルのボンデージ風衣装が、そのいかがわしいバイト先のコスチュームなんです。その証拠を上司に押さえられ、会社で問い詰められるんですよ。“クビになりたくないなら言うことを聞け”みたいになって、おしりを好きにされてしまいます。その流れでそのバイト先でやっている同じサービスを上司にもする羽目になります」と、前のめりなエロ展開を真面目に説明してくれるそのギャップに骨抜きにされそう。


ニップレスも超過激、両バストと股間のみで、リボンとニーハイでだけを残し、制服姿だったんだろうという妄想を掻き立てるシーンでは「これは義兄に学生時代に性的な遊びに付き合わされてるという回想なんです。なんて過激なんだろうって思いました」と、やっている本人である彼女も舌を巻き、さらに「前貼り自体が衣装の一部というのが2シーンあって、ジュエリーニップレスのバージョンも貼っているだけなんです。これ以上布が少なくなることは無いだろうと思っていたので、今回余裕で超えてきたなって思いました。撮影は余裕ではなく(笑)“み、みえるみえる!”ってハラハラしっぱなしでした」と、恥ずかしそう。


凛々奏オススメの桃尻シーンを聞いて観ると、「今回はじめてロデオマシンに乗ったんですよ。髪型がポニーテールで、ロデオに揺らされながら“ぷるんぷるん”言ってるおしりがいいんじゃないかと!」と、太鼓判をおしりで押す勢いで推薦。その絶品ヒップだが、現在も“尻しばき”と称し、週2回ジムに通っているそうで、「目標の110cmにはまだまだですが、サイズは変わらずとも、筋肉が付いて、ぷりっと丸く形良くなりました。“まるまる”したおしりです」と目を輝かせた。


今月3日にレベルがひとつ上がった凛々奏。大阪と東京で生誕記念撮影会があるそうなので、メートル級国宝尻を拝みたい方はぜひチェックしていただきたい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 21件)

関連タグ