星名美津紀 青春すべてをグラビアに捧げ10周年、これからも「みなさんの声がある限り」

グラビア 公開日:2022/09/10 5
この記事を
クリップ

2012年にグラビアデビューし、今年でめでたく10周年を迎えた星名美津紀。当時と変わらぬ癒し系Hカップグラドルとしてファンを魅了している彼女が、23枚目となるDVD&BLU-ray『みづきゅん!』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。発売記念イベントを秋葉原・ソフマップで開催した。イベントには白とピンクの爽やかなビキニで登場。「わたあめをイメージにしました。甘い水着でたくさんみづきゅんしてください」とにっこり。



6月に沖縄で撮影された今作。「沖縄は梅雨が明けていて、日中は36℃くらいまであって、汗だくになりながらの撮影でした。すごく楽しかったです」と振り返った。内容を聞かれると「彼氏と一緒に沖縄旅行をしています。その彼氏に「この衣裳を着てよ」とか言われて、彼氏の好きなツンデレキャラを演じています」と説明。「やる気のないバニーちゃんとか、ツンデレな女性警官さんになっています。このコスチューム以外のシーンは素なんですが、わたしじゃないわたしを演じているので、ちょっとぎこちない演技になっていますけど、そこを楽しんで観てもらえたらうれしいです」と紹介した。


今作では、これまでやったことのないことにも挑戦、「自撮りをしているんですよ。ベッドで黒いビキニを着て周りにスタッフさんもいない中で、ひとりでしています。「今日は楽しかったね」とか喋りかけています。この撮影のときは彼氏はお風呂に入っていて、彼氏のケータイで勝手にセクシーな自撮りをして、お風呂から出た彼氏に動画を見せて驚かせています」と語った。セクシーなシーンについては「浴衣のシーンですね。浴衣がだんだんはだけていって、中には赤いテカテカのビキニを着ています。艶っぽく大人っぽい感じに仕上がっています」と自信の表情を見せた。


釣りが大好きで東京湾に繰り出すこともあるという星名、「最近は太刀魚を釣りに行きました。今年の夏は一週間に3回くらいは太刀魚の塩焼きを食べていました。一回に10本くらい釣れるときもあって、それを冷凍にして保存しています。太刀魚ってお寿司屋さんで食べると高いじゃないですか。でほぼ実質0円で食べ放題でした」と満足げ。「今度駿河湾あたりも攻めてみたいです。どんどん釣り場を広げたいです」とわくわくが止まらない様子。


今年でグラドル10周年となる星名に、今後の目標を聞いてみると「わたしの青春は全部グラビアに捧げたので、修学旅行とか行かなかったり、体育祭なども参加していないんですよ。そのぶんグラビアの撮影で、たくさん海外にも行けたのもあるし、本当に青春時代がグラビアでした。わたしはグラビアが大好きなので、ずっと好きでい続けたいです」と力を込めた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ