現役生保レディ 塩江ゆう、1stDVDでも同じ職業「こんな格好で営業行くの恥ずかしいだろな」

グラビア 公開日:2022/09/06 18
この記事を
クリップ

生命保険会社で営業担当という、現役の“生保レディ”でありながら、グラビアアイドルの顔も持つ“二刀流” 塩江(しおのえ)ゆう。



抜群の弾ける笑顔とともに弾ける97cmのHカップバストは、保険のパンフレットより気になるむっちり谷間で、契約内容が頭に入ってこない可能性をはらんでいる。そんな塩江の1stDVD『YOU YOU YOU』(竹書房)のリリースイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。一番のお気に入りだというネイビーカラーの大人っぽいビキニ姿で登場。「真ん中が“ぶりん”ってなって胸が盛れるデザインなんです。圧が凄いからおっぱいが漏れ出すんですよ。ファンの方からも絶賛される水着で、勝負な時は着てます」と、独特のえっちな表現で紹介。


記念すべきファースト作品は沖縄でロケを敢行。DVDの内容も生保レディとして登場。「リアル生保レディの私がみんなに営業しに行くよっていう中で、えっちな格好してみたり、されてみたり、SになったりMになったりして契約を獲って行きます」と説明。衣装もさまざまで、ジャケット写真になっている、V字に開いたニットを肩まで肌蹴させたスーツ姿は、「けっこうえちえちなんですけど、実際はパンツスタイルで営業に行くので、“え?!こんな格好で営業に行くの恥ずかしいだろなー”って、リアルの自分に置き換えて思っちゃいました」とドキドキしたそうで、さらに裏ジャケットの「このV字の衣装は生地がてろてろなので見る角度によってはほぼ裸です(恥)。これは撮影会をするから保険入ってねっていう勧誘の一環で着たんです。で、手ブラもしちゃうえちえちなヤツです」と照れ笑い。


迫真の演技と言える、バスルームに無理やり連れ込まれるシーンについては、「すごい恥ずかしかったです。あんなことほんとにあったらたいへんだなって。最初強気で“なんですか!本社に報告しますよ!”なんて言うんですけど、壁ドンされて水掛けられて、結局いいなりにされちゃいます」と臨場感たっぷりに話した。いちばん恥ずかしかったシーンを聞いてみると、「どエロでど強いV字のボンデージ衣装で、めっちゃドSなんですよ。セリフに“この豚が!”とかあって、“わー初めて言うこんな日本語”とか思いました。セリフも衣装も恥ずかしかったので観てもらえたら嬉しいです」と勧めた。


本職の生保レディはまもなく3年になるそうで、「営業成績はもうばっちりですよ!(笑)。表彰されたこともありますし、成績上げると宮崎牛もらえたりするんですよ!それを目標に頑張ってます」と、食欲も旺盛な塩江。「平日はお勤めして、土日はグラドルって感じです。撮影とか入ると有休取ったり、グラビアの仕事と生保の仕事の時間が微妙だったら直行申請出したりします。上司もグラビアやってることを知ってくれていて“すいません!ちょっと今日、えっちな仕事があって(笑)”とか言ったら、“あ、頑張ってください!”って言ってくださって、二刀流上手くいってます」と感謝していた。


塩江は現在『サンスポGoGoクイーン』に参戦中で、9月12日から準決勝がスタート。さらなる高みへ挑んでいく。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ