小日向ゆか「恥ずかしいです…」気合いの黄色ビキニで“はじメェ~て”の写真集アピール

グラビア 公開日:2022/09/02 13
この記事を
クリップ

2021年2月のグラビアデビュー後、“女優の有村架純に似ている!”と話題沸騰。またたく間に人気グラビアアイドルとなった小日向ゆか


大人気女優に似ているというと、ある意味“そこま似てるか?”と疑念的な意見も噴出しがちだが、小日向のビジュアルは相当可愛い。屈託のない笑顔と、ちょっぴり天然でノリの良いキャラクターは誰もが好きになるタイプ。グラビアアイドルとしてのポテンシャルもばっちりで、160cmの身長に非公表ではあるがFカップは裕にある美乳とくびれは、健康美と言って良いほどセクシーでありながら爽やかな印象を受け、スターのオーラがビシバシ伝わってくる。そんな小日向が、ファン待望のファースト写真集『はじメェ~まして。』(徳間書店)を9月2日に発売。リリース当日には、秋葉原・書泉ブックタワーでイベントが開催され、参加整理券は完売という大盛況となった。


イベント前には囲み取材に応じ、ネモフィラのような淡いキレイなブルーの肩開きワンピースを纏い笑顔で登場。「写真集では着ていなかった色なのと、この(写真集の)帯の青がすごいお気に入りなので、この色を選びました」とにっこり。さらには水着姿も披露。「いつも気合を入れる時は黄色のものを身につけるようにしていて、なので今日は真っ黄黄の水着を選びました」とはにかんだ。囲み取材では初めての水着だそうで、「撮影以外ではないんです。もう恥ずかしいです…」と小さい歩幅でうつむきながら登場したが、撮影が始まるととびっきりの笑顔をふりまいた。「イベントでは恥ずかしいのでお洋服で」と話し、取材のみの水着対応とのことなので、じっくりご覧いただきたい。


記念すべきファースト写真集は宮古島でロケを敢行したが、「空港に着いてすぐ“どうにもならないな”って思うくらい豪雨で絶望的な状況だったんですが、つかの間の晴れ間にしっかり撮れました。3日目なんて朝から雷がなって停電したんですよ!なんとか撮影までには復旧したんですけど、その後はウソみたいに快晴で順調でした。雨上がりだから撮れた草の露の感じとか素敵だなって思います」と、最終的に自他ともに認める「超・晴れ女」ぶりを発揮、初の撮影でのエピソードをにこにこで披露。ファンや友人からの反応も上々で「“思ってたよりえちえちでした”って言われました」と照れ笑いを浮かべた。


本作は、企画会議の段階から小日向本人も参加し、コンセプトや撮りたいシーンを打ち合わせて作り上げたが、その中で彼女が掲げた必須のシーンは、オフ日に単身で動物園に行くほど愛してやまない“ヤギとの共演”。「共演は宮古島在住のゆきちゃんです!コーディネーターさんに現地で探していただきました。とても大変だったって言ってました」と反省しつつも「見てください!カメラ目線ですごい笑ってるんですよ♡抱きしめられてほんと幸せでしたー」と満足そう。


またこれも本人の希望で水中写真を撮りたいと提案したそうで、「私、いろんな方の写真集を観るのが趣味で、いろいろ観てるなかで“水中ってえっちだな”って思って(笑)。私の性癖に合うといいますか(笑)。しかもヨリのカットが好きでして、裏表紙もお胸に寄ってて伏し目がちで“写真集終わります”みたいなちょっと寂しい感じを表現しているのですが、紙で観ていると急にどんってすごいインパクトあるじゃないですか?そういうのがすごく“ああーーいいなあ~!”って今まで感じた作品があったので参考にさせていただきました。水中フェチの方にも喜んでいただけるかな♡」と語り、また初めてのランジェリーについても「露出具合は同じなのに、なんで水着と下着ってあんなに気持ちが違うんでしょうね。恥ずかしいので大人っぽい黒にしていただいておしゃれなおパンツにしていただきました」と頬を赤らめた。


なお、本書の帯の折り返し部分に付属した応募券にて、抽選で100名様に「手書きメッセー ジ入り年賀状」がプレゼントされるそうなので、2023年新春早々幸せな気分に浸りたいファンはぜひチェックしてほしい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 29件)

関連タグ

PHOTO おすすめフォト

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント