天心VS武尊戦ラウンドガールで話題沸騰 高橋凛、大人路線の新トレカ「全体的にセクシー」

グラビア 公開日:2022/08/27 16
この記事を
クリップ

2014年“橘花凛”の名前でグラビアデビュー。ボリュームたっぷりのIカップでグラビア界に降臨するや否や人気グラドルとなった高橋凛。デビュー8年になるが、天真爛漫な笑顔とちょっと天然なキャラクターは残しつつ、見違えるほど大人のオンナへとみごとに進化。最近の高橋凛は色気がすごいと業界内外でもウワサだ。



今春事務所を橋本マナミらが所属するアービングに移籍し心機一転、グラビア以外のジャンルにも積極的に活動の場を広げ、6月に開催された「那須川天心VS武尊 THE MUCH」でラウンドガールを務め、“あのコは誰?”とネットニュースなどで多く取り上げられ話題になったことは記憶に新しい。そんな高橋のトレーディングカード『高橋凛~艶麗~』(ヒッツ)が8月27日に発売され、リリース当日には神保町・書泉グランデで記念イベントが行われた。


グリーンのセクシーワンピで登場した高橋。「ここだけの話、事務所を変わって初めてスタイリストさんが付いてくださいまして、この色を出されたんです。今までグリーンを着たことがなかったので、似合ってて(笑)びっくりしたんです。気に入って自分のものにしちゃいました。デザイン的には胸元は塞がってますけど、腰の部分が開いていてセクシーですよね?じつは前に出たバラエティ番組でも着てますので辿ってみてください」とにっこり。本作は、高橋凛改名後初のトレカだそうで、「(写真の)上がりからチェックさせてもらったんですが、本当にNGがないくらい全部最高で、なんでこんなに素敵に撮ってもらったんだろう?っていうくらい大満足の出来栄えです。母親にも見てもらいたいです」と鼻高々。


4月に都内で撮影。「まだ桜が咲いている時期で、肌寒いくらいでしたが本当に天気が良くて、青空バックでも撮れましたし最高のロケ日和でした」と嬉しそうに振り返った。「前回のトレカはデビューしたばかりの頃に出させてもらったので、アイドルって感じの可愛いカットが多かったんですが、今回は大人路線で行こうということで」と説明。タイトルに“艶麗”とあるように、30歳を超えた色香あふれる大人の女性を収めている。


お気に入りのカットにはネイビーカラーのビキニを挙げ、「これ1カット目に撮ったんですが、日光も入ってキレイで、髪の毛もいつも巻いているのをストレートにしていて、3月に事務所を移籍して新たなスタートを切ったという感じに思える気合の入った写真です」と答え、「全体的にセクシーな仕上がりになっていますが、外で撮った可愛いギンガムチェックのビキニも入れちゃったりなんかして(笑)。あとベアブラ(紐がないタイプ)だと胸の形がキレイに見えるので、ここはスタイルを堪能していただければ」と次々にアピール。おなじみレアキスカードについては「400キスしました。リップ3本使い果たしました」と微笑んだ。


今後について高橋は「ここまで来られたのはグラビアという仕事に出会えたからだと思うし、ずっと応援してくださっているファンのみなさんのおかげなので、そのファンのみなさんのためにも、グラビアですごい有名になりたいです!まずグラビアで自分が納得行く結果を残したいです。三十路グラドルの座は譲りません」と力を込めた。


高橋は28日に後楽園ホールで開催されるキックボクシングの大会「RISE 161」でもラウンドガールを務める。また「は!大事なことを忘れてました」と、今年の誕生日である8月9日に念願のファンクラブが設立されたとアピール。「これを機に好きになった方はぜひ!」と勧誘していた。ぜひチェックしてほしい。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

PHOTO おすすめフォト

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント