柳瀬さき 初のトレカ発売、下から煽りアングルに「一生懸命アゴを引いてたら下乳が…」

グラビア 公開日:2022/08/27 11
この記事を
クリップ

2014年のデビュー以来、爆乳界のトップランナーとして走り続ける、圧倒的ボリュームの100cm Iカップで魅了する柳瀬さき。8年のキャリアで、意外にも初めてとなる『柳瀬さき ファースト・トレーディングカード』(ヒッツ)が発売され、記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。



王道の黄色の三角ビキニで登場した柳瀬。「私がビタミンカラーを着たいなと思って。ビタミンは摂取してるんですけど、普通の摂取では追いつかない年齢になってきます(笑)。じゃなくて、ファンの方から「王道のシンプルなビキニが見たい」ってすごい言われるので、ワンカラーのものをポイントにして選びました」とにっこり。


初めとなるトレカのアルバムを手にし、パラパラとめくりながら「撮ってみたいとずっと思ってたのでやっと叶って感動しました。うれしい」と頬を緩ませ、「全部で8種類の水着を着ました。DVDの撮影とは違って、スピード感があって、こんなサクサク進むものなんだって。はい!着替えて!はい!次これ着て!ってバタバタでした」と振り返り、その中でもお気に入りの水着を聞いてみると、表紙になっているビキニを挙げ、「紫のラメラメビキニがすっごい気に入ってます!いつもは柔らかい優しい色を着ることが多いので、これ嬉しい…。ファンの方からも好評なんですよ」と嬉しそうに語った。


さらにお気に入りのシチュエーションは和室のシーンだそうで、「この中ではいちばんエロい赤のビキニで、肩紐を下げたりとか展開も少しあったので、ふふ。やなパイ=人妻みたいなイメージがあるようで、和室で撮ること多いのですが、これは(胸が)こぼれそうな感じもあってぴったりかな」と太鼓判。隣に収められていたパステルの水着についても「これ一番守りに入ってると思いきや、どんどんずり上がって下乳が見えてくるんです。平和そうなデザインですけど、意外と大変でしたね」と振り返った。それではと“やなパイ”が堪能できるカットを聞いてみると「やっぱ黒かな」と9枚で完成するカードをチョイス。「この下乳具合もそうですが、下から煽ったアングルなんです。一生懸命アゴを引きました(笑)。それに気を取られてたら下乳がけっこう見えちゃって(笑)」と照れ笑い。


トレカ恒例“生キスカード”を初体験した柳瀬。「ゆっくりで良いですよーってスタッフさんに言われてて、そんなんチューなんて何回でもできますよ!なんて思ったら、約400回くらいチューして、唇たいへん(笑)」と、トレカ経験者誰もが通る道を無事終えた。また「ピンスポビキニカード」について、「私も少しトレカをゲットしたんですよ。開けたらいちばん大事な部分が自分に当たった(笑)。上下ともにけっこう大事な部分を自ら回収しちゃいました(笑)。でもまだ何枚かあるのでゲットしてください♡」とファンにアピールした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ