“令和のハイレグプリンセス” 林田百加、ドジっ子ナースの“甘サド”対応にきゅんきゅん

グラビア 公開日:2022/08/27 19
この記事を
クリップ

フレッシュの撮影会モデルとして水着デビュー。162cmの身長にB82 - W59 - H88(cm) というスレンダーボディを活かし、2年前に出した1stDVD からあり得ない角度のハイレグを着こなし“令和のハイレグプリンセス”と評価された林田百加(もか)。天真爛漫な笑顔と、切れ味バツグンのハイレグ衣装のマリアージュで、豊満ボディ花盛りのグラビア界に新風を巻き込んだ。くびれボディとハイレグで頂点を極め引退した川崎あやがオーバーラップするグラビアファンもいるのではないだろうか。



そんな林田の6枚目となるDVD『甘サド美少女』(エアーコントロール)のリリースイベントが秋葉原・ソフマップで開催され、我々の期待を裏切らない白の王道ハイレグで登場した。「表紙の写真に似たもので、イベントで着られる角度のハイレグを着てきました」とにこにこ笑顔を振りまいた。


今作はドジっ子ナースの役だそうで「おバカなナースさんと患者さんのいちゃいちゃがあったり、“好きです”っていう告白があったりします。タイトルに“サド”って付いてるんですけど、いじめたりするシーンはなくて、“ちょっといたずらしちゃうぞ♡”って感じです。だから“甘サド”なのかな?」と説明。「じつは患者さんは痔なんですけど(笑)、無意識におしりを叩いちゃったりして“あ!ごめんなさい”って言ったりして、これって“甘サド”なんですかね?」逆質問。


印象に残ったシーンは「舌を掴まれました」と衝撃発言。「回想シーンの制服で“口内炎ができちゃった、わたし死ぬの?”って(笑)その時に診察としてピンセットで掴まれました。意外と痛いんです!」と初体験を回顧し、セクシーのシーンについては「セクシーなシーン?あったかなあ??」と考えあぐね、「あ、DVDの撮影で初めて浴衣を着たので、ここはいつもよりしっとりした感じが出ていると思います」と紹介。


現在現役大学生の林田、「9月末までは夏休みですが、後期も学校行かなくちゃいけないので、お休みを満喫しようかなと思います。前期の成績が9月に分かるんですよ。結果出るまでどきどきなんですが、それが良かったら卒業も大丈夫じゃないかな?卒業後は芸能活動一本の予定でございます」と期待を寄せた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 16件)

関連タグ