俄然注目の大型新人 大葉めも、初々しい豊満ボディ“私らしい『ピュア・スマイル』になった”

グラビア 公開日:2022/07/23 34
この記事を
クリップ

真っ直ぐな瞳とたわわなHカップバストが印象的で、グラビア界注目の新人グラビアアイドル 大葉めもが23日、都内でイメージDVD『ピュア・スマイル』(竹書房)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。



予定していたイベントチケットが完売し、急遽2回開催となるなど、グラビアファンやグラビア関係者から注目を集めている大葉は、自身初のイメージ作品となる今作を手にした感想を求められると「出来上がったものを初めていただいたのは、ファンの方が個人撮影会で持ってきてくださったときなんですけど、その瞬間、一気に撮影していた期間がフラッシュバックして、この先何本出そうが、このDVDが間違いなく私のデビュー作になるんだなって、すごく感動しました」感慨深げに語り、自身で内容をチェックしたか尋ねられると「恥ずかしくて最後までは見られていません」と初々しい一面を覗かせた。


撮影は3月に沖縄で行われたそうで、撮影の思い出を聞かれると「初めての沖縄だったんですけど、“うわっ、海!空!景色がすごい!”ってテンションが上がった中で、撮影の空気感に入ったときに、普段の自分として楽しんでいる場合ではなく、“大葉めもとしてのデビュー作が今ここで作られるんだ”と思って、気持ちを入れ替えたことが印象的でした」と回顧した。


また、どんな仕上がりになっているのか尋ねられると「とにかくカメラが回っている間だったり、スチール撮影はほとんど笑顔でいこうって。もちろん笑っていない表情も混ぜ込むんですが、基本的にはフレッシュでニッコニコの爽やか系で撮ろうということで、水着のカラーだったりも話し合った段階で、“青春といえばこの色でしょう”という風に決めていきました」と打ち明け、「まだ高校を卒業して2年くらいしか経っていないので、今の私にしか出せないあどけなさだったり、幼さだったり、その中に大人っぽさも混じっているので、その辺を楽しんでいただければなと思います」とアピールした。


印象に残っているシーンについて聞かれた大葉は、最初に撮影したというテニスのシーンを挙げ「練習していて暑くなって脱いでいくシーンなんですけど、普通に朝起きて、ホテルから出てメイクをしてもらって、服を着替えさせてもらって、急に屋上に連れて行かれて「撮るぞ!」ってラケットとボールを渡されて、テニスは経験したことがあるのでポンポンやっていたら、そこでセリフを言ってくれと言われて、“なんかドラマみたい”、“ドラマの主人公にでもなった気分”って思いながら撮影していたのが楽しくて印象的でした」とにっこり。


加えて、「物語が進んでいくと、衣装がシンプル目でちょっとエッチさがある感じだったので、“もうちょっとギャップを見せたな”と思っていた中で、最後の撮影の日に全身真っ黒の衣装で登場して、最後に赤い下着になっていくベッドのシーンがあるんですけど、今までは基本、外で昼間に撮影していたんですけど、唯一、このシーンだけは夜を演出しています」と紹介し、「ほかの方の『ピュア・スマイル』とは一味違う“大葉めも”らしい『ピュア・スマイル』になったんじゃないかなと思います」と仕上がりに自信を覗かせた。


最後に、今後の目標を尋ねられると「今年、グラビアアイドルとして事務所に入れていただいて、こうして1st DVDデビューさせていただいたんですけど、グラビアに限らず、いろんなことに挑戦したいなと思っていて、事務所の中でもグラビア以外のお仕事をしている方もいらっしゃいますし、グラビアからスタートしたからこそ、グラビアを基準として違うお仕事につながることができたら嬉しいなと思っております」と目を輝かせた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 21件)

関連タグ