阿久津真央『ガキ使』で鼻フックされた“メロンちゃん”にネットが沸く「特定はよ」

グラビア 公開日:2022/07/19 7
この記事を
クリップ

17日放送の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ)に、グラビアアイドルの阿久津真央が出演した。




この回は数多の伝説を残す名物企画「七変化」。とろサーモン久保田が、体を張った芸を披露し、レギュラー陣を笑わせれば罰金、その額を競うもの。阿久津は、風俗店のボーイとして働いていた経験を生かした、ユーロビートに乗ってのマイクパフォーマンスを披露したネタで、嬢のひとりとして、同じくグラビアアイドルの海里宮永薫と登場。“メロン”と書かれた名札に白シャツを羽織り、その下は真っ赤なビキニでセクシーに浜田雅功の横に付き誘うような仕草。ハッスルタイムからイチャイチャタイムとなり、電気が消えると、暗闇から「きゃー!!」という悲鳴が。明るくなった途端、阿久津以外の3人は慌てて外へ。久保田は浜田に「お客さんなにしとんですか!」とキレている。「客をチェックするように指示を出し、泣いとるやないですか、うちの女のコが!ルールを守ってやってくださいよ!」とさらに叱責してまた隠語を含んだチェック指示に罰金続出。困惑の浜田が見たのは、鼻フックされたメロンちゃん。「なんしてん、なんか言われたんか?」と聞かれると「これじゃないと興奮しないって…」と訴えた。その後も物語は続いたが、「これ後半いらんのちゃうかな」と言われていた。


ネットでは「メロンの特定はよ」などの反響があり、大いに沸いた。自身のSNSに4人の写真などを投稿、「気づいてくださった方ありがとうございます😊✨お友達からも「見てたらビックリした!」ってLINEきて嬉し恥ずかしです🤣👃💓笑」とコメントした。


阿久津はレースクイーンを歴任、『日本レースクイーン大賞2017」ではグランプリに輝いている。その後グラビアDVDもリリース、162cm B86 - W58 - H84 cm Gカップというプレシャスボディと、ファンへの神対応で根強い人気を誇っている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)