音大卒お嬢様系 鈴木ゆうは、美背中全開ワンピ「恥ずかしそうな顔をしています」

グラビア 公開日:2022/07/17 8
この記事を
クリップ

音大を卒業し、バレエもこなすお嬢様系グラドルとして注目の鈴木ゆうはが、ファーストDVD『アンダンテ』(竹書房)をリリース。発売記念イベントを秋葉原・ソフマップで開催した。




イベントにはセーラー服姿で登場、「高校時代はブレザーで、セーラー服はこのDVDで初めて着たんです。制服のシーンがあることを知らされたので、どうしてもセーラー服が着たいとお願いして着させてもらいました。DVDの中で着ているセーラー服をイベントでも着られて嬉しいです」とにっこり。デビュー作を手にした感想は「恥ずかしくて観れなかったんですけど、昨日やっと一人で観ました。撮られているときよりも、観ているときの方が恥ずかしくて、自分でも見たことのない顔がたくさんあったので、皆さんにもじっくり観てほしいと思いました」とコメントした。


3月に沖縄県で撮影された今作。内容については「観てくれている人が恋人気分になれる作品になっています。ピアノを弾いたり、バレエを踊ったり、テニスをしたり、いろんな私が楽しめます」と紹介。おすすめのシーンは「バレエを踊っているシーンがあるんですよ。辞めて2、3年が経ちましたけど、久々に踊って楽しかったです」と話し、セクシーなシーンを聞いてみると「水着じゃないんですけど、白のワンピースがすごいんですよ。背中がぱっくり開いていまして、初めて衣裳を見たときに、着る前からセクシーだなと思いました。恥ずかしそうな顔をしていますので、そこも注目です」とはにかんだ。さらに「セリフを言うシーンが恥ずかしくて、昨日自分で観て思ったのが、まばたきがすごい多いと感じました。照れが目に出ちゃったんですかね」と分析。


グラビアDVDを出すキッカケを問われると「19歳のときに初めてグラビアをやったんですが、それからしばらくやっていませんでした。DVDって写真と違って不安もあったんですよ。でも友達がグラビアをやっていて、その友達の作品を何本か観させていただいていたらやってみたいと思いました」と明かした。今後DVDでやってみたいことを聞いてみると「友達がご飯を食べているシーンをやっていたので、それをやってみたいと思いました」と笑顔を見せた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ