プロボディボーダー 白波瀬海来、“日焼けあと”が目立つY字変形水着「意外と好きかも」

グラビア 公開日:2022/07/17 22
この記事を
クリップ

プロボディボーダーで女優やグラビアアイドルとしても活躍している白波瀬海来が17日、都内でイメージDVD『日焼けボディに触れてみて』(竹書房)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。






白波瀬にとって4作目のイメージ作品となる今作は、3月に千葉・館山で撮影を行ったそうで、作品の内容を聞かれると「お仕事で忙しい中、やっと日帰りで旅行ができたという内容になっていて、デートなんですけど、波乗りもしながら温泉に浸かってゆっくり楽しむという仕上がりになっています」と紹介。


具体的にシーンの紹介を求められると「私の好きな浴衣のシーンではビキニになるんですけど、ボーダーの水着がかわいくてお気に入りです。面積の小さめな水着が多いんですが、私が気に入っているのは、タンクトップから白のビキニになるシーンで、台風が直撃していたときに撮影したのですごく寒かったんです。でもすごくいいシーンが撮れたと思います」と手応えをにじませ、ボディボードを手にしたシーンが話題に上ると「ウエットスーツからビキニになるシーンなんですけど、黄色のビキニで日焼けがすごく目立つような水着になっていて、いい展開のシーンだと思います」とオススメした。


また、タイトルについて聞かれた白波瀬は「“日焼けあと”を売りにしている方はあまりいらっしゃらないかなと思っていて、プロボディボーダーとして外で波乗りをしていますし、日焼けもしているので、それに触れてみてほしいなという思いでこのタイトルになっています」と説明し、ジャケットにもなっているシーンでは日焼けあとが目立つ白い変形衣装を着ているが「下のビキニのラインがすごく見えていていますね。スーツから展開するシーンになっていて、初めて変形ビキニを着させていただいたんですけど、このビキニ自体がスタッツがたくさんついていてすごくきれいに見えるので、衣装に美しく見せていただいたなというシーンになっていますね」とにっこり。加えて、「変形のY字水着は意外と好きかもしれないです。日焼けあとがすごく目立つので、いろんな変形があるんだったら、まだまだ着てみたいですね」と目を輝かせた。


さらに、日焼けは天然物だそうで「私は天サロで、海沿いに住んでいるので、ベランダに出て寝ながら日焼けをしています。週に3回くらいやっていて、今(ボディボードをやる際は)ウエットスーツで脱ぐとビキニの状態なんですけど、(海から)上がると暑いんですよ。だからウエットスーツを脱いで濡れたままベターって寝て日焼けをしています(笑)」と明かした白波瀬。そして、この夏、自分にいい波が来ているか尋ねられると「仕事は津波レベルで来ていますね。今、波に乗っちゃっています」と声を弾ませたが、恋については「恋は来てないかもしれないです。波が落ちてます…」と肩を落とした。


最後に、この日の衣装のポイントを聞かれると「日焼けがしっかり目立つように白のパンツを穿いてきたんですけど、前回の作品からすごく痩せたので、パンツを自分で縫って縮めて、上もおへそを出したかったので小さいのを着てきました」と答えた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ