“センシティブおねえさん” 阿南萌花、宮古島で魅せたパーフェクトセクシー

グラビア 公開日:2022/07/19 14
この記事を
クリップ

「2017ミス・ユニバース・ジャパン東京セミファイナリスト」「2018 第9回ミスヤングチャンピオン ファイナリスト」を経て「ミスFLASH2019 グランプリ」に輝いた阿南萌花。バレエで鍛えたしなやかなボディは、168cmのスラッとした身長に、B-88cm-W61cm-H92cmというサイズでも分かる通り、どこをとっても“美麗”と絶賛するしかない。





指先までキレイなポージングは、撮影会でも注目の的。記録と記憶に残したい水着姿で多くのファンを虜にしている。顔も美人でスタイル抜群なので、少し取っ付きにくいと想像している方もいるだろうが、笑顔は眩しく、明朗快活、話しも巧みで、一度会ったら大好きになってしまうはず。そんな阿南の初めてとなる単独デジタル写真集『燃花(もえか)』と『閃光』が同時に発売され、記念のイベントが東京Lilyで開催された。


『燃花』の表紙と同じ水着で登場した阿南。手脚の長さとくびれボディはいつ見ても惚れ惚れ、「この水着実は、私の中では最も面積が小さいんですよ」と照れ笑い。今作はコロナ蔓延前の2020年に宮古島で撮影されたもの。「ミスFLASHの任期を終えてから撮りました。今わたくし17歳と135ヶ月なので、2年前かな?(笑)どっちが可愛くてどっちが綺麗なのかは、ぜひ両方買ってみてからのお楽しみですね~」とお茶目にアピール。


それぞれのおすすめカットを聞いてみると、「『燃花』は今着ている水着ですが、面積が小さくて肌色で、且つシャワーを使った撮影になっているので、えっちです。あとカラダの一部分だけのカットとかがあるのが好きですね。ぜひ観てほしいホントに。『閃光』表紙のオフショルの衣装が、普段着ない衣装だなと思ってて、私はセクシーとか、カッコいいが多いので、髪型も可愛らしくいしていただいて。ニコニコしてる可愛い阿南もぜひ知っていただけたらなと思います」と紹介。


今後については「デジタル写真集もこうやって出させていただいたし、カレンダーも出したいんです。最近撮り下ろししてない気がする…、もう毎日でも撮り下ろししたいと思っているので、どんどん新しい自分をみなさんに見せていければ嬉しいです!あと、Twitterの“#今日のセンシティブ”毎日上げてるので観てくださ~い♡」と記者陣に笑顔を振り撒いた。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ