TikTokで注目 “97cm美爆乳” なな茶 トレカ発売、こんな彼女ほしい♡

グラビア 公開日:2022/07/16 6
この記事を
クリップ

鉄道アイドル「ステーション♪」卒業後に「アイドルカレッジ」など、これまで6つのグループでアイドル活動をしていたなな茶。2021年10月、集英社主催のヤングジャンプ『サキドルエース』11代目グランプリを獲得、現在TiKTokのフォロワー数は1300万人を超え、グラドルとしても注目を集める彼女が、『ファーストトレーディングカード』(ヒッツ)をリリース。発売記念イベントを秋葉原・スフマップで開催した。



「この会場はアイドル時代に定期公演で来ていたところなんですよ。当時は売れない貧乏アイドルみたいな感じで通っていた場所なので、ひとりでこうやって出られるようになってうれしいです」と喜んだ。出来上がったトレーディングカードの感想を聞かれると、「いっぱいなな茶がいてびっくりしました。すごいすてきな作品に作っていただいて、めちゃくちゃうれしいです」とにっこり。


昨年3月に都内で撮影された今作。テーマについては「TikTokでもめちゃくちゃエロっていう感じでなく、セクシーなこういう彼女がほしいなみたいなテーマでやっていまして、それに近いような彼女感のあるあざといみたいなことをテーマにしました」と説明。お気に入りのカードについて聞かれると青いビキニで横を向いているカットを選び、「そもそも自分の顔のパーツで横顔が好きなんですよ。私の横顔が一番わかりやすいんです。胸も正面で見るより、横から見る形も好きなので、それを意識しました。これは6分割になっているので1枚でも欠けると完成しないので、ぜひ揃えてほしいです」と呼びかけた。レアカードについては、「400チューくらいしましたけどリップ3本ぶっこわっしゃいました」と話した。そんなトレカに点数を付けてもらうと「77点です。なな茶の77です。ー33点は今後の伸びしろってことで」と答えた。


これまでアイドル活動をメインにしていたことで、グラビアとしての商品は今回のトレカが初めてのなな茶、「もともと胸が大きかったのがコンプレックスだったんですよ。10年間アイドルをやっていましたけど、胸を隠すために小さいBカップの下着とかを付けていました。その頃は胸の重みでブラが引きちぎれていたんです。胸が大きいのがウリになって、トレカの発売ができたので感動しました」と振り返った。


サキドルエースをきっかけに本格的にグラビア活動を開始したそうだが「グラビアには詳しくもなく、自分の体型に自信がなかったんですよ。ヤングジャンプさんからせっかくお話しをいただいたので、人生に一回くらいグラビアをやってみようというくらいの気持ちで始めたんです。そうしたらみんなからよかったと言ってもらえて。実家のお父さんも買ってくれて親孝行もできたし、グラビアの道で頑張ってみたくなりました」と目を輝かせた。今後については「各雑誌の表紙をコンプリートしたいです。SNSではTikTokでも一番を目指していますし、写真集はいつか出したいです。あと出身でもある浜松の観光大使になりたいです」とアピールした。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ