リケジョグラドル 山田かな、初挑戦のOバックストッキング「思ったよりスースー」

グラビア 公開日:2022/07/09 5
この記事を
クリップ

大学に入るために会社を辞めたのだが、撮影会に参加したり、そこからDVDでビューの話も舞い込み、グラビアアイドルとしての人生も始まってしまった山田かな。その後無事有名大学の理工学部に合格、現在3年生の現役女子大生でもある。聡明であることは話し方で一目瞭然。頭の回転が早く、記者の質問にも的確に返す印象。グラビアとしてのポテンシャルもB88cm-W60cm-90cmのGカップと申し分のないスタイル。そんな山田の4thDVD『Answer』(ラインコミュニケーションズ)のリリースイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。





ボディアクセサリーブランドpharfaiteの“約水着”で登場した山田は。「まだPharfeiteさん持ってなかったのですが、ファンの方からいただいたものなんです」と紹介、千鳥格子柄のガーター付きのセットアップビキニがセクシーでもあり可愛さもありの、山田の印象も合った水着チョイスににっこり。


千葉・鴨川で撮影された今作は女性警官役に挑戦、「今まで特定の役とかがなかったので、ちょっと恥ずかしかったです…楽しかったです」と言い、さらに恥ずかしかったのがOバックのストッキングだそうで、「おしりがしっかり開いてます。他のグラドルさんが着ているのを何度か観たことはあるのですが、実際穿いてみると思ったよりスースーして恥ずかしかったですね」とはにかんだ。


「私のわがままで裏ジャケットに載っているピンクのビキニを用意していただきました。事前にどんな衣装が良いかヒアリングがあったんですけれども、自分でいろいろ検索して“これめちゃくちゃ可愛いな”って思って、お願いしたら叶いました」と笑顔をみせ、「ジャケットにもなってる水着?」と伝えると、「あ!そうだ!嬉しい」と、表紙に採用されることを喜んだ。今後やってみたいことを聞いてみると「30歳になるまでに学生やってみたいなーなんて思って…ね、“イタイよって”(笑)。でも記念にといいますか、着てみたいとです」と、制服へ思いを馳せた。


山田は現在発売中の『ヤングアニマル』(白泉社)で高梨瑞樹とWグラビアが掲載、7月にはテレビ出演も決定している。またtwitterのフォロワー数が10万人に達しなければグラドル引退という目標を課したが、現在すでに98,000人と早期達成が確実な状況に。何か祝賀的なものをするのか問うと、「達成しても山田が辞めないだけです!」と笑顔で答えた。ますます活躍の場を広げる“メイビー山田”に注目していただきたい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ