「ミスヤングチャンピオン2022」決勝進出者お披露目、最終戦に向け天下獲り宣言

グラビア 公開日:2022/06/26 8
この記事を
クリップ

秋田書店発行『ヤングチャンピオン』・『ヤングチャンピオン烈』・『別冊ヤングチャンピオン』3誌合同によるグラビアミスコンテスト、「ミスヤングチャンピオン」。今年開催の「第13回ミスヤングチャンピオン2022」もいよいよ20名の決勝進出者が出揃った。6月25日には、決勝進出者お披露目プレスイベントが開催され、水着の候補者たちが熱い意気込みやそれぞれの強味を語った。


『ヤングチャンピオン』・『ヤングチャンピオン烈』・『別冊ヤングチャンピオン』3誌のイメージガールの座をかけ、厳しい予選を勝ち抜いた決勝進出者20名は以下の通り。

理依奈、ゆゆ・THE・エクスカリバー雪月彩瑛、もものすけ、星守歩姫(欠席)、陽葵はるね、日野杏香、長谷川ゆうき、猫宮あすか波妃美咲、永山桜(欠席)、とろぴかる☆ゆーき(欠席)、とちもも、都築麗、瀬戸万莉愛、篠見星奈、小日向穂乃花、おパンツ太郎市原薫(欠席)、池柚奈。


自己PRタイムでは、美容師免許を取得している、アイドルのインストラクターをしている、C言語プログラミングが出来る、パソコン検定を3つ取得しているといった特殊技能保持者から、よく蚊に刺されますというPRまで様々な内容が飛び出したが、白いレースのビキニで登場した、猫宮あすかは「ミスヤングチャンピオンのグランプリを獲って、グラビアの天下を獲りたいです!」と高い目標を掲げインパクトを残し、パッションピンクのビキニをチョイスした波妃美咲は「グランプリ決定まで後1ヵ月ちょっとあるけど、ここまで来たからにはグランプリ目指して頑張ります!」と力強く語った。


黒のマイクロビキニで登壇した篠見星奈、「グラビアはまだ1年目。最初は自信がなかったけど、ファンの方が応援して下さって、今はグランプリを獲りたいと思っています!持ち前の明るさを活かして頑張ります!」と意気込みを語り、“持ち前の明るさ”に関しては、「テンションが上がると勝手に歌いだしたり踊りだしたりするので、周囲に“やめて”って言われちゃうくらいです」と告白した。ちなみに“踊り出しちゃうダンス”は10年間習っているというジャズコンテンポラリーダンスという。


そして、「普段は配信活動をしています。洗濯機に入ったり、スッピンになって視聴者に300個ニックネームをつけてもらったりしています」と破天荒な言動で存在感を示した、おパンツ太郎。「名前に負けないくらい癖がある30才です!表現力や表情では負けない自信があります!」と自己紹介を済ませると、自身の強みについて「一番女を捨てる自信があります!女性からの支持をもらえる自信あります!」と猛アピールした。


この日、「第13回ミスヤングチャンピオン2022」決勝期間はスタートとなり、8月7日(日)まで熱い戦いが繰り広げられる。ヤングチャンピオン各誌面、公式モバイルサイト、チェキ販売やTwitter投票、マシェバラ配信に撮影会と様々なスペースで展開される決勝戦。この夏はミスヤンチャン参加型オーディションで熱い夏を過ごしてみてはいかがだろうか。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 31件)