琴井ありさ 過去イチ“ドS”な女上司熱演、OL時代「こんな状況があればよかったのに(笑)」

グラビア 公開日:2022/06/12 10
この記事を
クリップ

SNSで毎朝チラリズムショットを投稿しているセクシーお姉さん系グラドルの琴井ありさが12日、都内でイメージDVD『ほろ酔い上司は妙にかわいくて…』(竹書房)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


琴井にとって5作目のイメージ作品となる今作は、3月に都内と千葉の温泉旅館で撮影を行ったそうで、作品の内容を尋ねられた琴井は「女上司の設定で、私はグラビアをやる前にOLをやっていたので、そこを汲み取ってくださって「女上司をやってみようか」って言ってくださったんですけど、今までで1番ドSっぽいバリキャリのデキる女を演じさせていただいています」と説明し、演じやすかったか追求されると「OLをやっていたので設定に入り込みやすくてやりやすかったですし、楽しかったですね。OL時代、何もなかったので、“こんな状況があればよかったのに”って思いました(笑)」と吐露して笑いを誘った。


また、具体的にシーンの紹介を求められると「温泉宿で相部屋という設定なので、温泉に一緒に入ってイチャイチャしたシーンはお気に入りですね。会議室で“なんでチャイナなんだ”って感じなんですけど(笑)、見ていただいた方ならわかると思います。オフィスをテーマにしたシーンは5thならではなんじゃないかなと思います」とオススメし、お気に入りの衣装については「表紙の衣装ですね。これはすごく好きで、(ランジェリーの)ブルーも好きですし、スーツが肌蹴た状態のカットなんですけど、ストッキングもYシャツも脱ぎかけというのが好きですね」と笑顔を見せた。


加えて、恥ずかしかったシーンを聞かれた琴井は「お部屋で私の(股の)下をカメラがくぐり抜けるシーンがあるんですけど、人がヒューンって通ったので面白かったのもありますけど、それは恥ずかしかったですね(笑)」と照れ笑いを浮かべ、また、ドSなセリフも言っているそうで、自身はSとMのどちらか尋ねられると「どちらかと言えばMなのかな。でもたまにSになりますね。二刀流です(笑)」と答えた。


さらに、“この夏にやりたいこと”を質問された琴井は「プライベートで海に行って水着を着たいです!仕事で着るための衣装が150着くらいあるんですよ。それをコロナもあって1回もプライベートで着られていなくて“もったいない!”と思うので、プライベートで着たいですね」と願望を吐露し、SNSで毎朝チラリズムショット(#おはチラ)を投稿するのは大変か聞かれると「もう習慣になっちゃったのでそこまで大変じゃないんですけど、写真を撮る日というのを決めていて、その日は大変です。すごくこだわりが強いので、プルプルしながら撮ったりしています(笑)」と苦労を明かした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ