愛萌なの、縦長三角ビキニからIカップこぼれそう「ハミ乳がよく見えます」

グラビア 公開日:2022/06/12 10
この記事を
クリップ

あどけないルックスからは想像できない100cmの色白Iカップバストと、高校時代から10年間没頭した器械体操の経験から生まれた超軟体を武器にグラビアファンを魅了している愛萌なのが12日、都内でイメージDVD『なのグラビティ』(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


自身5作目のイメージ作品となる今作を手にした愛萌は「3月に都内と千葉の鴨川で撮影しました。ガッチリと固まったストーリー設定はなく、イメージシーンで構成されています」と説明し、どんなシーンが収録されているのか聞かれると「今日着ているビキニでは全身にオイルを塗って踊ったり、浴衣を着ているシーンではめっちゃ大きい氷を舐めたり、お風呂ではアイスを同時に2本舐めたりしました」と紹介。


印象的なシーンを聞かれると「今回の監督さんの撮影で“他の方とは違うな”と思ったのは、スマートフォンで動画を撮影しているシーンがあって、彼氏とかと買い物帰りに散歩しているような感じでリアルで、そのシーンだけテレビで見ても画面が小さくなるんですけど、他の方とはちょっと違うところなのかなと思います」と語り、お気に入りの衣装については「朝ベッドのようなシーンで着た白いランジェリーがお気に入りでした。かわいくて爽やかな感じです」と声を弾ませた。


また、大変だったシーンを尋ねられた愛萌は「エアロビや運動をするシーンで、万歩計をここ(水着の胸元の紐)につけてどれだけ揺れるかみたいなふざけたシーンがあるんですけど(笑)、(水着の)ヒモが細すぎて、もちろん(胸を)支えきれないんですよ。それで千切れるかと思いました」と苦労を明かした。


さらに、本作のタイトルにちなみ、愛萌自身が最近惹き付けられているものを質問されると「お芝居に興味を持ち始めて、いろんな方の映画や舞台を見たりするのが楽しくて、そっちに惹き付けられていますね」と答え、6月22日に開幕する朗読エンターテイメント『Greif4』では座長を務めるが「今も稽古中なんですけど、みんなを仕切ったりまとめることは私にはできなくて、みんな先輩なので「はい、やるよー!」って感じではないので、そこは座長としてちゃんとできているのかなって不安に思う部分もありますが、みんなすごく優しくて、グラビアの友だちが増えたので、楽しく稽古もやっております」と充実した表情を浮かべにっこり。


そんな愛萌はデビューして1年2か月が経ったそうで、活動の手応えを聞かれると「“順調”って結構言ってくださるんですけど、満足は全然してないですね。もちろんこうやってコンスタントにDVDを出させていただけていることはすごく嬉しいんですけど、もっと雑誌とか誌面の方でも活躍していけるようになりたいなって思っています」と目を輝かせ、最後にこの日、着用している水着のポイントについては「これは縦に長い三角なので、最近押しているハミ乳がよく見える衣装でいいかなって思っています。最近“ハミ乳クイーン”と呼ばれております」と笑顔で語った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ