高身長Gカップ 爽香、濡れグラビアの魅力語る「かなり色気が増して見える」

グラビア 公開日:2022/06/12 13
この記事を
クリップ

173cmの恵まれた身長で、さらに93cm のGカップという肉感と癒しの声と語り口で人気を博すグラビアアイドルの爽香が12日、都内でイメージDVD『びしょ濡れ恵体ガール』(エアーコントロール)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


爽香にとって11枚目のイメージ作品となる今作は、2月に都内で撮影を行ったそうで、作品の内容を尋ねられると「オールチャプター濡れシーンということで、水だけではなくアイスだったりオイルだったりと、定番のものからちょっと奇抜なものまで濡れています」と説明し、見どころのシーンを尋ねられると「表紙にもなっているプールにシーンですね。もともとデザインニップレスの上にシャツを着ているんですけど、シャツとか羽織ものって濡れると体に張り付いて、すごく色気が増すというかエロく見えるのでお気に入りです」と紹介。


そんなプールシーンの後にはシャワーシーンがあり、定番の泡まみれになったそうで「泡は毎回やらせてもらっているんですけど、脚の開き具合とか、そういうところはかなり攻めているのではないかと思うので、レベルアップした作品になっているんじゃないかなと思います」と胸を張り、オイルを塗ったシーンも注目だそうで「テカテカでニップレスがどんどん剥がれていって危うい感じになったので、すごく印象に残っています。これで飛んだり跳ねたりダンスをしているので、そこも見どころになっています」と語った。


中でもセクシーな仕上がりになっているシーンを尋ねたれた爽香は「黒いレースの羽織もののシーンは、肌が透けるような素材になっているので、ピタッと張り付いてエロいなと思うのと、普段は前髪を下ろしているんですけど、こういう風に上げたときに「ワイルドさが増すね」ってファンの方から言っていただいたので、ここは色気の増したシーンになっているのではないかと思います」とオススメし、どのようなシチュエーションのシーンなのか追究されると「セリフもないイメージシーンなんですけど、想像していたのは彼氏との休日に、普段そういうことはしないけどエッチなポージングをして興奮させたいなという勝手な裏テーマでやっていました」と打ち明けた。


また、珍しい濡れ方をしたシーンはあるかと質問されると「2月の寒いスタジオで撮影したんですけど、青いビキニを着てアイスを塗りたくるシーンがありまして、外からの冷たさと、食べるので中からの冷たさで死ぬかと思ったNo.1です(笑)。オールチャプター濡れなので2月にやるのかって思いもあったんですけど(笑)、その中でも特に寒かったのがこのアイスのチャプターです」と苦労を明かした。


さらに、濡れグラビアをやってみての感想を求められた爽香は「普通のグラビアもいいなと思うんですけど、濡れることによってかなり色気が増して見えるのかなと思います。衣装が張り付いた感じだったり、水着がどんどん濡れていく感じはすごく魅力的に見えるのではないかと思います」と力説し、「定番のマッサージとかアイス舐めというシーンもちゃんとやっているので、定番好きな方にもオススメできる1作ではないかなと思います」とアピールした。


タイトルにちなみ、恵体を保つ秘訣を聞かれると「特に何もしていないんですけど(笑)、かなりの短期集中型なので、(撮影の)1週間前くらいからはスープだけにしてみたりしています」と努力を明かし、「最近は事務所の先輩の発信がきっかけでサウナに行ったりしていて、自分に合っているんじゃないかなという方法が1つ見つかったので、そうやって維持していきたいなと思います」と意気込んだ。


最後に、この日、着用している水着のポイントを尋ねられた爽香は「マイクロビキニというのをイベントや撮影会で初めて着ました。というのも、衣装を考えるのが結構ネタ切れでして(笑)、みなさんにTwitterで「どういう衣装が見たいですか?」って聞いたときに、アイスのシーンが青のマイクロビキニだったんですけど、そういうのを見てみたいとおっしゃっていただいたので、これを着てみました」と笑顔で語った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ