みうららら、1stDVD達成感に感動「とんでもないエロい大人の色気を出せたら」

グラビア 公開日:2022/06/11 9
この記事を
クリップ

これまでライブ配信を中心に活動し、昨年8月にRIZINでラウンドガールデビューを果たしたみうららら。現在30歳とグラドルデビューとしては遅咲きだが、スレンダーな美ボディと美脚で、大人の色気を漂わせている。そんなみうらが、グラビアデビューとなるDVD『ラグジュアリー』(竹書房)をリリース。発売記念イベントを秋葉原・ソフマップで開催した。


デビュー作の感想を聞いてみると「私の個性が生かされた作品だと思います。長くスラっとした脚をしているんですけど、そこをしっかり見せられたところと、年齢的に30歳ということもあって、大人の魅力が出せた作品になっています」とコメント。3月に沖縄で撮影された今作は、「私がレースクイーンのオーディションを受けているんですよ。審査員の方がエッチな質問をしてきます。どうしてもオーディションに受かりたいから頑張るんです。それでオーディションをキッカケに、審査員の方とちょっとエッチな関係になっていきます」と説明。シーンについては「黒いにニットワンピースを着ているシーンがありまして、ホテルでオイルマッサージをしてもらいました。審査員とホテルに行っちゃったんですよ」と照れ笑い。一番セクシーなシーンは車の中のシーンだと言い、「最初は秘書の恰好をしているんです。ワイシャツのボタンを外して、脱いだら紫と黒のセクシーなランジェリー姿になっちゃっています。秘書ってエロいイメージがありますよね」とアピールした。


「グラビアの業界に入ったのが、去年の11月なんですよ。こういう大きい撮影が初めてだったので、本当に緊張して、現場に入ったら自分なりのスイッチも入りました。終わったころには泣きそうになりました。スタッフさんたちの協力で作り上げた作品なので達成感もありましたし、感動しました」と笑顔を見せた。


そんなデビュー作を採点してもらうと「75点です。ちょっと真面目な性格が出ちゃうんですけど、表情とか硬かったり、ポージングもその場で勉強させてもらったんですけど、もっと体感を鍛えなきゃと思いました」と冷静に分析した。次回作を出すならどのような作品をやってみたいか聞いてみると「とんでもないエロいのをやってみたいです。ほかのグラドルさんのDVDをもう一回見直して、森咲(智美)さんみたいなとんでもないエロい大人の色気を出せたらいいなと思います」と、同事務所の先輩に敬意を表しつつ意気込みを口にした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 17件)

関連タグ