最旬グラドル 藤乃あおい、絢爛の“百万石Iカップ”がえちえち過ぎて無双状態

グラビア 公開日:2022/06/08 43
この記事を
クリップ

金沢から上京し、2020年に彗星のごとくグラビア界でデビューした藤乃あおい。同年11月にリリースした1stDVD『w.a.l.k!』が好セールスを記録し、DMMでは新人として異例ともいえる年間売上1位を記録した。その勢いのまま翌年発表の「日本IV大賞2020」で新人賞を、2021年にはキネマ旬報主催の「グラビア・オブ・ザ・イヤー2021」でグランプリの座を射止めるなど、その勢いは留まることをしらない。そんな彼女が最新DVD&Blu-ray『私のすべて』(竹書房)をリリース。人気に胡座をかくことなく大胆かつ過激なシーンを披露しており、もはやグラビア無双状態だ。


158cmの身長にスリーサイズは上からB100・W61・H86(cm)。方言の残る素朴な雰囲気とは裏腹に、Iカップのグラマラスボディは“令和No.1”との呼び声も高い。その絢爛な見事さから“加賀百万石バスト”“北陸のダイナマイトボディ”と称賛され、各雑誌にもひっぱりだ状態の彼女だが、前作『いやしの天使はIカップ』の興奮も冷め止まぬ間に、新作をリリースした。


2020年の1stDVD『w.a.l.k!』からリリースラッシュの藤乃だが、最新作も手抜きなし。というよりむしろこれまで以上に攻めた内容で、さすがに旬のグラドルなだけはある。まずはタイトなノースリーブニットにスカートを着用して散策。着衣でも目立つIカップのバストが際立つ。その流れでスカートを脱ぎ捨て、プリッとしたヒップを見せながら、ニットの中にカメラが入り込んで下乳を接写する。その強烈な画は藤乃でしかありえない。同シーンでは最終的にデザインニップレスを付けた状態でバストをアピール。その存在感は天晴の一言だ。


現在23の藤乃だが、制服姿も捨てがたい。夕暮れ時の屋上で夏服のセーラー服を着ながら笑顔を振りまく。だが、その笑顔は屋上だけで、車内に場所を移すと大人の顔に豹変。リアリティ溢れる飴舐めを見せる彼女に、視聴者はドギマギすることだろう。ビーチでは一転、はしゃぐ姿が見られるが、Tシャツを脱ぎ捨てて変形の眼帯ビキニから溢れ出そうなIカップのバストが動く度に揺れまくる。その流れでマッサージタイムへ。悩ましい藤乃の表情に興奮すること間違いない。お風呂ではボディーソープまみれとなって自慢のスタイルにカメラが肉薄。濡れた身体が実に色っぽい。同シーンでは手ブラを披露するなど、ヌーディー感は今作でも頭一つ抜けたシーンだ。続けて昼間のホテルの一室と思われるシーンでは複数人の男性からマッサージ。あまりの気持ち良さからか、部屋中に喜悦の声が響き渡る。


胸元がガッツリと開いた競泳水着を着用したお風呂のシーンでは、カメラ目線でえちえち度満載のアイス舐めを。そして夜ベッドでは、“百万石バスト”が上下左右に動きまくる。朝ベッドでも卑猥な手の動きとバストを上下左右に動かすなど、見どころは尽きない。シーンはかなりバラエティ豊かで、なおかつグラビア的シーンを見せながら際どいシーンも果敢に披露した藤乃。完成度の高さは、今年リリースされたグラビアDVDの中でもトップクラスだ。


藤乃のDVD&Blu-rayリリースイベントは、6月19日(日)14時から、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館8F で開催の予定。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ