おねえさん系グラドル注目株 渕上ひかる、褌&晒しに覚醒!?「着心地が良い」

グラビア 公開日:2022/05/22 20
この記事を
クリップ

セクシーなおねえさん系グラドルとして昨年11月にDVDデビューを果たし、瞬く間に注目になった渕上ひかる 待望の2 作目『覚醒』(ラインコミュニケーションズ)がリリースされ、記念イベントを秋葉原・ソフマップで開催した。


イベントにはド派手なゴールドビキニで登場した渕上は「ジャケットにもなっているんですけど、オイルをカラダに塗って踊っているんですよ。じつはゴールド水着ってオイルを使っているので劣化が早いんです。今でもしっとりしちゃって、どんなに洗ってもオイリーなんです。なので今日のイベントは着るのが最後になります」と紹介した。


2月に河口湖と都内で撮影された今作。作品の内容は「会社の上司と出張に出かけています。出張といいながら不倫旅行ですね」と説明。シーンについては「最初はスーツを着ているんですけど、ホテルの客室に入って脱がされちゃっています。浴衣になったときもを脱いでいます。こっちは脱がされたんじゃなくて、自分から脱いだんですけどね。浴衣を脱ぐと下はふんどして、上は晒しなんですよ。晒しは改造してギリギリのサイズに作り直しました。初めてでしたけど着心地はいいですよ。着ていないみたいでいいですね。カラダにフィットしました」と気に入った様子。


温泉のシーンも見どころのようで、「変形競泳水着を着てシャチの浮き輪に乗って声を出しています。ちょっと大人の声を出しているので、このシーンもチェックですよ」と勧めた。今作では目隠しで氷プレイを初体験したことを告白した渕上は「目隠しってメチャ怖いですね。氷も大変でしたよ。2月の河口湖って本当に寒くて、マイナスの温度なんです。寒すぎて気持ちいいとかじゃなくて冷たいの方が勝っちゃいました。でもまんざらでもないです。夏とか暖かい季節なら気持ちよくなりそうなので、機会があればまた挑戦してみたいです」と開花したようだ。


今後DVDでやってみたいことを聞いてみると「とりあえず沖縄に行きたいです。コロナこの状況なので厳しいのはわかりますが、海で砂浜を走りたいです。グラビアの王道をやってみたいです」と実現に思いを馳せた。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連タグ