“Iカップむぎゅ!” 未梨一花、まぶしい笑顔と健康美でファン虜に

グラビア 公開日:2022/05/18 21
この記事を
クリップ

今年は「グラドル名鑑2022」発売を記念し5月14日・15日の2日間、埼玉・しらこばと水上公園で開催され大変な盛り上がりとなった「東京Lilyプール撮影会」。両日参加となった未梨一花は、広大なロケーションを好奇心とアイデアで見事に活用し、ひと際カメラマンたちを湧き立たせた。


午前中は雨がパラつくものの、お昼を跨ぎ夏の日差しとなった初日14日。まずはモノトーンの“面積小さめ”なビキニで登場。2019年には第2回サンスポGoGoクイーンのピュア・グラマー賞、2020年には「東京Lily」が行うユーザーの投票で【2020年上半期 巨乳アイドル賞】第1位、【2020年上半期 撮影会大賞】第1位、2021年には「グラビア・オブ・ザ・イヤー2021」(主催:キネマ旬報社)にて、ベスト・グラマラス賞を受賞など数々の賞を総なめにしてきた未梨の健康美Iカップボディはこの日も絶好調。未梨の周囲では常にカメラマンがごった返しているという大盛況っぷり。


お色直しの休憩時間を挟むと、ポニーテールにグリーンのビキニという爽やかなスタイルに。育ち過ぎたおっぱいを両こぶしで押し込む“おっぱいムギュ”のポーズをコミカルに決めると、カメラマンたちからも大きな歓声が上がった。


2日目となる15日には、ホワイトの変形水着で登場。まだ水の張られていないプール底に降り立つと、「普段こんなこと絶対できないもん!」と大の字で寝そべってみたり、クロールで泳ぐポーズを披露するなど大はしゃぎ。


休憩を挟むと、髪を下ろしピンクのビキニという夏らしいスタイルへ。持ち前の好奇心からロケーションを楽しみつつ活かし、アイデアと工夫を凝らしたポージングと表情でカメラマンを1秒たりとも退屈させないその姿勢は、まさにグラドルクイーン。眩しい笑顔で快進撃を続ける未梨の勢いは、まだまだおさまりそうにない。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 19件)

関連タグ