Gカップ癒し姫 海里、 “やさぐれた女”をテーマに初のファンブック「普段は違うので新鮮」

グラビア 公開日:2022/05/16 12
この記事を
クリップ

某大手企業の受付嬢からグラビアアイドルに転身し、Gカップのダイナマイトボディに天然癒しキャラでグラビアファンを魅了している海里が15日、都内で『SPECIAL FAN BOOK』(トランスワールドジャパン)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


自身初のフォトブックとなる同書を手にした感想を求められた海里は「今日、私も初めて手にして、見てみたんですけど、画像で見るのとは全然違って迫力もあって自分自身も感動しています」と目を輝かせ、4月に都内スタジオと横浜の街中で撮影を行ったそうで、撮影のテーマを尋ねられると「今回のテーマはちょっとレトロな感じで、ちょっとやさぐれたオンナ感で撮影しました(笑)」とにっこり。普段の海里もやさぐれているのか追求されると「普段は違うので新鮮な感じでした」と答えた。


オススメにはUFOキャッチャーを楽しんでいるカットを挙げ「ちょっと悔しそうな顔をしているんですけど、ポージングとかも全然指定がなく、本当に自然な感じで撮っていたので、ナチュラルな表情で、今までにない感じで撮ることができました」と満足げな表情を浮かべ、加えて、笑顔のカットを挙げた海里は「これも素の表情で、まったく作っていない笑顔なんですけど、いつの間にか撮られたんだろうってくらいの満面の笑みで、こんなに笑顔な表情は写真ではあまり見られないんじゃないかなと思いました」とアピールした。


また、セクシーなカットを聞かれると「表紙の黒い水着が、艶感があってすごく好きです」と声を弾ませ、そんな同書を自己採点するようお願いされると「自分の中では120点くらいです」と胸を張った。さらに、DVD撮影との違いを尋ねられると「全然違ってDVDだとザ・グラビアって感じで、ポーズとかも考えてやるんですけど、今回は本当にナチュラルで、何も作り込まれていないポーズや表情だったので、本当に素の自然体な感じでした」と語った。


海里はサウナが大好きだそうで「週に1回は行くようにしていて、これからの季節だと川沿いのテントサウナに興味があります。テントでサウナをして川の冷水で整うみたいなことをやってみたいです」と目を輝かせ、旅行も好きなようで「海外旅行がすごく好きなんですけど、今は行けないので、近場でアウトドアできたらなと思います」とコメント。そんな海里は受付嬢からグラビアアイドルに転身して約3年経ったが「劇的な変化は正直ないんですけど、今の世界に転身して本当によかったなって思っています」と吐露した。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ