“ハイレグの国プリンセス” 林田百加、がっつり競泳水着で5thDVDアピール

グラビア 公開日:2022/05/14 17
この記事を
クリップ

現役女子大生ながら、今やハイレグのカリスマとしてグラビア界に旋風を巻き起こしている林田百加。162cmの身長から繰り出すスレンダーボディは、ハイレグを着るために舞い降りた“鋭角の天使”。伸びやかな長脚を際立たせるあり得ない角度の勝負衣装と、親しみやすい笑顔は、カリスマでありながら友人や恋人になりたい人の良さも感じられる。そんな“もかちゃん”の5枚目となるDVD『ハイレグの国』(竹書房)のリリースイベントが、秋葉原・ソフマップで開催された。


「がっつり競泳水着で取材を受けたことがないなと思ったのと、写真集の中にも“ザ・競泳”というのがなかったので用意していただきました」。ネイビー、グレー、白の3色が爽やかな印象の競泳水着で登場、もちろん角度は相当なのも、バックもしっかりブラジリアンカットで、スレンダーながら見応え十分の美ヒップの形の良さも強調されてまことに絶景だ。


大ヒットとなっている1同名の1st写真集と並行して撮影された今作。「忘れられない人を、忘れよう、いや忘れられないという駆け引きを観ているみなさんと体感しながら、何年か越しの恋の結末は如何に?って感じになってます。今までにない切ない大人の雰囲気が楽しめる作品になっています」と話し、パッケージのハイレグに関して、「これ衣装さんの手作りなんです。元は普通のニットワンピースなんですが、それを切ってもらいました(笑)。着心地は最高でした」と笑顔。


写真集では11着のハイレグを見せたが、DVDでは9着を着たそうで、「恥ずかしくはないです!」にっこり断言、ただ「写真集用の衣装だったので、めくれやすかったり動きにくかったりしたので、撮影ではそこがけっこう大変でした。あとそうだ!足つぼマッサージされて本当に痛かったのと、野菜を食べるシーンがあって、ディレクターさんのアドリブで、大きめのプチトマトを3つ口に入れられてすごい苦しそうにしてると思うので、ぜひ観てください(笑)」と振り返った。


今年大学4年生となり、オンラインから通学になったそうで「もう、なんて大変なんでしょうって感じで(笑)。4年生らしからぬスケジュールで通っていて、校舎内がすごく広くて移動で日々疲れてます」と、コロナ禍から変貌した学園生活に戸惑っている様子だったが、「来年の春には卒業します!」と力強く宣言し、「もう言っとかないと」と気合十分。


現在放送中のフジテレビ系ドラマ『ナンバMG5』に出演している林田。「一応3話までで、今度は7話からまた出ると思います。ヤンキー漫画なので、なかなかクラスメイトのシーンが少ないんですが、どこにいるか見つけてみてください」とアピールした。


さらに「今年はプール撮影会にたくさん参加します」と高らかに宣言、「月一度くらいですが、私が物販で写真集を売らせていただくことになりまして、8冊で個人撮影会を開催するという特典があります。マネージャーさんに直談判して付けてもらった特典で、今後はもうやらせてもらえないと思うので、ぜひこの機会にお願いします」と力を込めた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ