北海道が育んだHカップ 篠見星奈、愛嬌とメリハリボディでグラビア界席巻

グラビア 公開日:2022/05/14 18
この記事を
クリップ

マシュマロIカップのメイリや、股下86cmの100cm美乳 桜井木穂、新人Kカップの白川のぞみなど、むちぷるバストのグラビアアイドルの宝庫、北海道からまたひとり、新星が舞い降りた。その名は篠見星奈


元々西永彩奈も所属していたアイドルグループ「Nicedice」のメンバーでの4年間の活動を経て、興味があったグラビアの世界へ飛び込んだ。165cmの高身長にB95-W64-H90cmという、むちっと締まったHカップメリハリボディを装備し、2022年期待のグラビアニューカマーだ。そんな篠見のデビューDVD『少女の祈り』(竹書房)の発売記念イベントが、秋葉原・ソフマップで開催された。


「ファンの方が似合うって言ってくれます」と黒の正調三角ビキニで登場した篠見。Hカップはロケットのように発射寸前、奇しくも下乳が覗くヘルシーでセクシーなスタイルに、さすがアイドルとも言うべき、屈託のない明るい笑顔で周りをほっとさせてくれる。


囲み取材では、ズラッと並ぶレコーダーの数に「わーいっぱい!すごい!」と驚きの声を上げる初々しさもみせた。デビュー作のパッケージを手にしながら、「1年前までは想像もできなかったので、ちょっと不思議な感じです。完成までのデータチェックの段階で2時間半くらいあったのを観ましたが、やっぱりちょっと恥ずかしかったです」と照れ笑い。記念すべき1stDVDは、高校の修学旅行以来だという沖縄でロケを敢行、「初日は雨だったのですが、クリスマスイブだった2日めは、眩しくって目が開けられないくらいの天気で、スチール撮影のときは、“せーの!”って顔を上げて撮ってもらって、すぐ“あーまぶしい!”って下を向くくらいでした」と振り返った。設定について、「私は女子高生役で、相手は好きなひとっていう、初々しさも残しながらきゅんきゅんした感じになってると思います」とにっこり。


オススメのシーンを聞かれると、「わー全部言いたい!」と嬉しそうに話し、「ビーチで一緒に遊ぶシーンなんですど、私のイメージでDVDと言ったら黄色の水着っていうイメージがあって、どうしても着たかったんですが、衣装合わせの時に黄色のビキニがありまして、すごく嬉しかったんです。なのでこのシーンがとても印象に残っています。ファンの方から人気が高いのがピンクのレオタードで、I字バランスとか、180℃開脚をやってるのが見どころかなと思います」と紹介。オススメの衣装を聞かれても「全部好きだ―」と可愛い篠見、「ゴールドのビキニ好きでしたね、あとはーむずかしー(笑)、洗車のときの黄色と青のボーダービキニでこの作品で唯一ツインテールしてるので観てほしいです。セクシーだったのは、ブラウンのタイトなワンピースから段々脱いでいって、珍しいカーキのランジェリーを着てるんですが、一番大人っぽいシーンかなって思います」と、しっかりアピールしてくれた。


目標とするグラビアアイドルは東雲うみと即答、「ボリューミーなバストとヒップもすごいんですが、くびれから腰回りにかけてのラインがすごく素敵です。振り返ったときのおしりから太もものラインもポーズもすごく参考になります。おめめも…もう全部好き♡」と、男性顔負けの分析で“東雲愛”を語った。


篠見は7月20日に2ndDVDの発売が決定、5月15日には大磯ロングビーチで開催の「夏のはなまる大プール撮影会2022」にも参加する。虜になった貴兄はぜひ足を運んでほしい。グラビア界の次世代を担う“しのみー”から目が離せない。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)