“令和のハイレグプリンセス” 林田百加、キレキレ角度で攻めまくり

グラビア 公開日:2022/05/05 99
この記事を
クリップ

2021年8月に1stDVD『ピュアスマイル』でグラビアデビューを果たした林田百加。普段は都内の有名大学に通う現役女子大生の美少女系だが、162cmの身長に上からB82・W59・H88(cm)というスラッとしたスレンダーボディを武器に、"令和のハイレグプリンセス"と呼ばれて人気もうなぎ上りだ。今年は1st写真集『ハイレグの国』もリリース。最新DVD『ハイレグの国』(竹書房)は1st写真集とのコラボ企画で、ハイレグのカリスマとしてグラビア業界に旋風を巻き起こしている林田が、キレキレの角度で攻めまくっている。


DVDの裏表紙には"話題沸騰中「令和のハイレグプリンセス」最高誕生"と書き記されているが、お世辞抜きで過去最高の作品かもしれない。着用したハイレグ水着のハイレグ度も過去最高レベル。過去の作品でもハイレグの際どさは他の追随を許さなかったが、そのレベルをさらに引き上げた印象だ。ハイレグさもさることながら、内容的にも林田の魅力がギュッと凝縮されている。


今作は美少女から大人の女性に変ぼうするシーンにファミレスの店員のシチュエーション、さらにはメイドコスプレに彼氏とのイチャラブモードなど様々なシーンが展開される中、少女のキュートさと21歳とは思えない大人の仕草を見せるなど、見どころが多い。昨年デビューから着実にグラビアのテクニックを増やしてきた林田が、今作では遺憾なく蓄積した技を見せており、見る者を飽きさせない。具体的なシーンとしては、前半に登場するファミレス店員のパートも捨てがたいが、照明が暗い和室で繰り広げる彼氏とのマッサージのシーンは必見。セーター姿にその下は恐らくT字系水着を着用。ハイレグの度合いはかなり危険で、限界ギリギリを攻めている。しかもその状態で脚の裏をマッサージされ、あまりの痛さに林田が動きまくり、ハイレグがズレそうで見ているこちら側がハラハラドキドキしてしまう。しかも痛さが半端ないのか、泣いているような表情も見受けられ、視聴者を戸惑わせる。脚の裏が終わったら、うつ伏せの状態でお尻をマッサージ。終了後に「今のは合格点かな♪」と笑顔でカメラに視線を向けた林田。心臓が飛び出てしましそうだ。


メイドコスプレのシーンも見逃せない。前半は割とキャピキャピした仕草であまりのキュートさに癒やされるが、後半は前半のキュートさと打って変わり、椅子に場所を移して開脚姿で際どすぎるアイス舐めを披露する。カメラ目線でアイスを舐める林田。一体、その舐め技をどこで覚えてきたの?と聞きたくなるぐらいの舌技はリアリティが溢れており、興奮しない者などいないだろう。アイス舐めが終わってからのグラビアパートも捨てがたく、メイド的なキャラクターにマッチした林田が本領を発揮。メイドシチュエーションは今作最大のハイライトだ。


林田のDVDリリースイベントは、5月14日(土)14時から、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館8F で開催の予定。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ