『ミスFLASH2022』笹岡郁未 大塚杏奈 missha、赤・黄・青のビキニで美ボディ披露

グラビア 公開日:2022/05/01 20
この記事を
クリップ

DVD『ミスFLASH2022』(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントが1日、都内で行われ、同賞を受賞した笹岡郁未大塚杏奈misshaが出席。イベント前に囲み取材に応じた。


撮影は宮古島で行われたそうで、撮影時の思い出を尋ねられると、笹岡は「天気があまりよくなかったので、太陽が出たらパッと撮ったりして大変だったんですけど、楽しく、いろんな衣装を着させていただいて撮影することができました」と振り返り、大塚は「私は初めてのDVDだったので、だいぶ緊張して、お喋りパートで喋りすぎてしまって、「編集点がないからもうちょっと黙ろうか」って感じになったのが思い出です(笑)」と苦笑い。Misshaは「私は逆で、どれくらい喋っていいのかわからなくて、照れまくって笑い声ばかりになってしまいました。運動するシーンでめちゃくちゃはしゃいだのが思い出ですね」と語った。


それぞれ作品の紹介を求められると、自身2作目のイメージDVDとなる『笹岡郁未 ミスFLASH2022』をリリースした笹岡は「私は仲のいいクラスの同級生みたいな、幼馴染みたいな子と遊んでいる感じなんですけど、最後は照れながら告白するみたいな感じになっています」と説明し、オススメのシーンについては「浴衣を着たくて着させていただいたんですけど、それでけん玉をするシーンがあって、うまくできたので見てほしいのと、告白するシーンはかなり照れながら告白しているので見てほしいです」とアピール。セクシーなシーンを聞かれると「シャワーで濡れるシーンがあるんですけど、セリフもなく音楽と映像だけなので、しっとりとしたシーンになっていて、自分の中で大人なシーンになっています」とコメントした。


自身初のイメージDVDとなる『大塚杏奈 ミスFLASH2022』をリリースした大塚は「一貫したストーリーはなくて、パート毎にシチュエーションがあるんですけど、基本的には恋人とのデートを自分の中でテーマにしてやりました」と話し、オススメのシーンについては「ゴールドのビキニにチェーンをつけて、馬油を塗ってテカッとさせてリビングで踊るというシーンがあるんですけど、私は元々ダンサーとして活動していたことがあったので、そのときは思いっきりセクシーに踊らせていただきました。オススメです!」と太鼓判。同シーンがもっともセクシーだそうで「挑発する感じをちょうだいと言われたので、お尻をドアップにしたり、髪を振り乱しながらカメラに向かってキメたりして頑張りました」と主張した。


同じく、自身初のイメージDVDとなる『missha ミスFLASH2022』をリリースしたmisshaは「ストーリーとしては恋人とのデートという感じになっていて、おはようの朝ベッドから始まって、海に遊びに行ったり、お家デートみたいな感じおにぎりを作ったりという感じで、ドキドキしてもらえたら嬉しいなと思っています」といい、オススメのシーンについては「ド定番な洗車のシーンですね。バカになるくらい腰を振りまくって、ノリノリで遊んでいるので、そこは見てもらえたら嬉しいです」とPR。セクシーなシーンを尋ねられると「お風呂場でシャワーをかけられて濡れるシーンがあるんですけど、そのときの衣装もベージュで肌感がすごい感じになっていてセクシーかなと思います」とアピールした。


また3人は、『ミスFLASH2022』グランプリを受賞したことで変化があったようで、笹岡は「グラビアのDVDを出したこともあったんですけど、グランプリになって今まで以上にグラビアに対する意識が変わったというか、グラビアアイドルとして自分磨きを頑張らないとなとか、そういう点で変わったなと思います」と吐露し、大塚は「意識的な部分が大きくて、元々はダンサー、女優として活動してきた中で、去年の7月のミスFLASHのオーディションをきっかけにグラビアを始めた身としては、グラビアアイドルっていつから名乗っていいんだろうって気持ちがあったんですけど、グランプリを取って誌面に載せていただいて、DVDを発売して、ようやく“私はグラビアアイドルです!”って名乗れるようになりました」と笑顔を見せた。


続けて、misshaは「2人とは違って、これまで芸能経験がない状態で、グラビアアイドルが好きという気持ちだけでミスFLASHに応募したんです。DVDや写真の撮影すべてが初めてだらけだったので、そういう意味では私の芸能生活のスタートにもなりましたし、全部が変わったなと思います」と声を弾ませ、「私もグランプリを取ったことで自信がついたので、今後、より一層頑張っていこうと思います」と意気込んだ。


さらに、今後の抱負を聞かれると、笹岡は「グラビアアイドルとしては誌面の表紙を飾れるように頑張りたいですし、夢は女優なので朝ドラ女優を目指して頑張りたいと思います」と目を輝かせ、大塚は「いつか紙の写真集を出すことが目標です。あとはお喋りが得意なので、ラジオのMCをやってグラドルさんをゲストに招いて紹介するような番組が持てたらいいなと思っています」とにっこり。Misshaは「グラビアアイドル志望で入ったので、表紙を単独で飾りたいとか、紙の写真集を出したいという気持ちがあります。欲を言えば食べることが大好きなので、グルメ系のお仕事なんかもやっていけたらなと思います」と意欲を見せた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)