100cm Jカップ美白巨乳 宇佐宮さくら、衣装の面積さらに少なく「前作よりだいぶ過激」

グラビア 公開日:2022/04/24 5
この記事を
クリップ

100cm Jカップ美バストと色白ボディが眩しい宇佐宮さくらが24日、都内でイメージDVD『BIG BOSS』(ラインコミュニケーションズ)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


自身2作目のイメージ作品となる今作を手にした宇佐宮は「撮影は去年の11月に千葉の館山に行きました。前回は家庭教師だったんですけど、今回は会社の後輩と打ち上げ旅行で温泉に行く感じで、会社の取引がうまくいったので、みんなに内緒で温泉旅行に行くという感じですね」とし、具体的にシーンの紹介を求められると「温泉シーンが盛りだくさんで、私も温泉に入りたいというよこしまな気持ちで行ったんですけど(笑)、手拭い1枚で撮影したシーンがありますし、私の性格をわかってくれているのか、晩酌シーンもあります(笑)」とにっこり。


恥ずかしかったシーンを尋ねられると「前作よりだいぶ過激になっていて、(衣装の)面積がさらに少なくなっていて、ジャケットを見ていただいてわかるようにほぼ裸です」といい、「“私だけじゃないかな”というシーンもあって、詳細は見てのお楽しみなんですけど、バドミントンをした後に車の中のイチャイチャするシーンがあって、そこで本当に不思議な体験をしました(笑)。見ていただいたらビックリすると思います」とアピールした。


さらに、ジャケットを眺め「私のおっぱいってこんなんなんだって(笑)。自分の胸ってそんなに見ることがないので、これは「偽乳」って言われるなって思いましたね(笑)」と笑い、お気に入りのシーンについては「金色の水着が好きで、音楽をかけながら「踊って」って言われて、踊れないんですけど踊っている風にクネクネと動いています(笑)。椅子とかソファーとかに跨ったりして、自分の好きな曲をかけながら踊っていました。あとは浴衣でかっこよく撮れたのも好きですね」とご満悦な表情を浮かべた。


また、苦労したことはあるか追求されると「温泉って、最初は気持ちいいんですけど、どんどん体力が奪われるんですよね。しかも暑くてぐったりして(撮影が)長いので、手拭い1枚だけの温泉のシーンはBGMだけなんですけど、本当にぐったりしていました」と明かし、「でもそれが逆にしっとりした感じになっているんですかね。温泉は楽しかったんですけど、意外とクタクタになりました」と苦笑した。そんな今作の出来栄えについて宇佐宮は「前作を超えたと思います。内容も過激だし、最後のシーンもいろいろと妄想溢れる内容になっているので、自分で言うのもなんですが100点満点じゃないですかね」と胸を張った。


最後に、この日、着用していた黒ビキニのポイントを聞かれると「派手なものも考えたんですけど、私、肌が白いことを褒められることがあるので、せっかくなら強調する黒で、黒と白で分かりやすくしました」と答えた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)